https://oceans.tokyo.jp/fashion/2019-0207-5/

’90年代スタイルとの親和性抜群! 今季もスポカジから目が離せない

このエントリーをはてなブックマークに追加

本誌でも再三にわたって着目しているスポーツカジュアル。モードからユースにまで広がる’90年代スタイルとも合流し、いよいよ勢力は拡大。ロゴ使いやカラーブロックなどのスポーツ要素が、先端のファッションを輝かせるのだ。

「トミー スポーツ」のパーカ

「トミー スポーツ」のパーカ
1万6000円/PVHジャパン 0120-266-416

今まさに返り咲いている’90年代テイストを色濃く感じさせるのが、再登場したスポーツライン。アイコニックなブランドカラーに彩られたウインドブレーカーは、海好きにもヒットする。


「オンブレニーニョ」のジャケット

「オンブレニーニョ」のジャケット
2万2000円/ディアゲスト 03-6452-6855

日本の気鋭ブランドが手掛けるトラックジャケット。鮮やかなパープルを、ホワイト&ブラックのラインが引き締める。


「ダブルタップス」のシャツ

「ダブルタップス」のシャツ
2万6000円/GIP-STORE 03-5489-4040

東京ストリートシーンの重鎮もベースボールシャツ風トップスでスポカジにコミット。プルオーバー&バンドカラーの仕立てにひとクセあり。


「ザ クワイエットライフ」のシャツ

「ザ クワイエットライフ」のシャツ
1万5000円/ハンドイントゥリーショウルーム 03-3796-0996

シカゴを拠点とするストリートブランドは、サッカーのゲームシャツに着目。ロンTと合わせるレイヤードなどでも活躍しそう。


「サタデーズ ニューヨーク シティ」のパンツ

「サタデーズ ニューヨーク シティ」のパンツ
1万6000円/サタデーズ ニューヨーク シティ 03-5459-5033

はくだけでスポカジ感を押し出せるサイドライン入りのシャカシャカパンツが、あの海男ブランドから。


「ナパピリ シルバー」のスウェット

「ナパピリ シルバー」のスウェット
3万3000円/ディプトリクス 03-5464-8736

1987年に誕生し、’90年代を席巻したナパピリが今、ストリートに不可欠なブランドとして再興中。往時を匂わせる新レーベルのモックネックスウェットが気分だ。


「アヴェニエール」のジャケット

「アヴェニエール」のジャケット
2万3000円/ジェムプロジェクター 03-6418-7910

トラックジャケットのデザインを引用しつつ、コーデュロイ&ベロアの素材使いでファッショナブルに。


渡辺修身、鈴木泰之、蜂谷晢実、高橋絵里奈(清水写真事務所)、比嘉研一郎=写真 星 光彦、来田拓也、松田有記=スタイリング 髙村将司、いくら直幸、今野 壘=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
ナイスショットの前に揃えておきたいギア6選。これでスタイルもスコアも輝きゴルフ!
2019.04.03
’90年代を知るオッサンこそ着たい、本物のSK8ブランドの洒落たアイテム
2019.04.02
いいオッサンは1日にしてならず。確実にいい男に近づける美容グッズ
2019.04.01
モンクレールほか。なぜだか多い、はがせるロゴ服で大人に味方する4択
2019.03.31
37.5歳からの欲しいモノ・もの・物! WHOLE OCEANS CATALOG 2019
クリーンな上半身だからこそ渋色パンツが利く
2019.04.15
軽快感&ユルさで革ジャンスタイルは激変!
2019.04.13
長年ファッションを楽しんできた男のミリタリールック
2019.04.11
アウトドアなアクセントで脱・スタンダード
2019.04.09
ライダーズが男クサくなりすぎないコーディネイトには理由がある
2019.04.07
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
ラクが一番ならば、スポーツブランドの黒を
2019.04.01
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19