2019.02.06
FASHION

三浦理志、肥野竜也、ミチ・ウッズ、大石 学に突撃! この冬どんな服を買いました?

プロスタイリストたちの手を借り、華々しく誌面を飾るOCモデル。やっぱり私服も格好いいの? と興味本位で私服パパラッチを敢行。すると、答えは当然、YES。この冬彼らが買い物をしたばかりの目利きアイテムがわんさか&さすがのシャレっぷり!
“もっともっと!”と欲しがった編集部は、「ほかにも何買いました?」と自撮り写真もおねだり。ご快諾いただいた結果、今季の収穫品も併せてご紹介!

自分目線を貫く、ワガママ!? 否、妥協なしの欲張りコーデ

三浦理志さん Age 48 がこの冬買った「グローバーオール」のコート、「スコッチ&ソーダ」のニット、「ザ・ノース・フェイス」のブーツ
コート/グローバーオール、ニット/スコッチ&ソーダ、ブーツ/ザ・ノース・フェイス、パンツ/ベイフロー、胸に掛けたサングラス/エポック

三浦理志さん Age 48 がこの冬買ったモノ
「グローバーオール」のコート、「スコッチ&ソーダ」のニット、
「ザ・ノース・フェイス」のブーツ

「欲張りなので、楽して、暖かくて、気持ち良く、格好いいのがテーマ(笑)」というマーシーさんらしいセレクション。大きなチェック柄のダッフルは、羽織るだけで洒落感が醸せて暖かく真冬の主役決定だそう。「名門ならではの大人の風格も出てるでしょ?」。

イエローがポップなニットは、「優しいコットンなのでチクチクしないし、挿し色としてもバッチリ」とご満悦。足元に選んだのは、ヌプシのチャッカタイプ。「これは農作業や愛犬・小粒との散歩にも活躍しています。暖かいし、愛用のスウェットパンツにもぴったり」。これらを無作為に合わせるだけで、なんだかサマになるのだから、マーシーさんってズルいのだ。

投稿形式で“おねだり”私服公開を

「エバーラスト」のコーチジャケット
「エバーラスト」のコーチジャケット
肩肘張らない普段着もたびたびアップデート。ダークネイビーという渋色は持っていなかったと新調したのがこちら。背面のエバーラストのロゴがアクセントに。

「レッドロープ」のニットキャップ
「レッドロープ」のニットキャップ
友人のブランドのニットキャップは、ブラウンをチョイス。農作業の際にも、ボリュームのある髪型を楽して押さえるべく必ず被っているとのこと。

「リップ」腕時計
「リップ」腕時計
「世代的にレトロフューチャーものに目がない」とゲットしたフランス発のデジタルウォッチ。少年時代のワクワク感が腕元に蘇るような1本だという。

 

機能性の高さを実感中の男らしいダウンと上品なパンツ

肥野竜也さん Age 39 がこの冬買った 「ジュンハシモト」のアウター、「プラステ」のパンツ
アウター/ジュンハシモト、パンツ/プラステ、ニット/ユニクロ、靴/パラブーツ

肥野竜也さん Age 39 がこの冬買ったモノ
「ジュンハシモト」のアウター、「プラステ」のパンツ
男らしいカーキの色に引かれて購入したジュンハシモトのダウンは、着るたびに便利な機能性を実感。「こう見えて、実は3-WAY仕様。フード付きのインナーダウンが取り外せて単体でも使えるので、3シーズン使えます」。

同様にクリースが入ったプラステのパンツもその優れた機能にゾッコン。「クルマ移動が中心の生活なので、運転しづらくなる服はNG。その点、このパンツはスラックスのような見た目にして、360度伸びるストレッチ素材という優れモノ。大好きなゴルフのお供にも最適なんです」。

投稿形式で“おねだり”私服公開を

「ブリーフィング」のスーツケース
「ブリーフィング」のスーツケース
迷彩柄にひと目惚れした容量50Lのスーツケースは、家族での一泊旅行にぴったり。頑丈で収納力も高く、サイズ違いの購入も検討中。

「オメガ」の腕時計
「オメガ」の腕時計
「シーマスター プラネット オーシャン」は、30代最後の2018年、記念に購入したもの。ベゼル素材の艶やかなセドナゴールド素材もお気に入り。

 

サーフライフを通じて出会ったブランド&アイテムの今冬版

ミチ・ウッズさん Age 38 がこの冬買った 「パタゴニア」のライトダウンジャケット、「ラッシュ」のパンツ
ダウンジャケット/パタゴニア、パンツ/ラッシュ、ニット/プラステ、Tシャツ/ゼンニュートリション、ブーツ/リーフ、サングラス/マッドソン オブ アメリカ

ミチ・ウッズさん Age 38 がこの冬買ったモノ
「パタゴニア」のライトダウンジャケット、「ラッシュ」のパンツ

毎シーズン、ミチさんが購入する服の多くは、ライフワークでもあるサーフィンを通じて出会うものばかり。「このスウェットパンツは、僕がハワイから日本に来た15年前からの付き合いになる日本のウエットスーツブランドが手掛けるアパレルラインのもの。はき心地の良さもさることながら、キレイなシルエットで、周囲の評判も上々です」。

そして、サーファーの必携服と語るパタゴニアのライトダウンだ。「アウターとしてもインナーとしても重宝していて、冬の海⇄街と大活躍中。今冬はクルマに常備しています」。

投稿形式で“おねだり”私服公開を

「マッドソン オブ アメリカ」のサングラス
「マッドソン オブ アメリカ」のサングラス
着用したサングラスのマッドソン オブ アメリカはカリフォルニアブランドのもの。マット仕上げのフレームに引かれ、今季はブロウタイプ「マッドソン スペンス」も追加購入。

「オーシャンズ ジュエリー」のブレスレット
「オーシャンズ ジュエリー」のブレスレット
パーティなどで遊び心を演出したいときに着けるブレスレットは存在感のあるスティングレイレザー製。

 

趣味との兼用をうまく織り交ぜ、効率的な着こなしを実践

大石 学さん Age 43 がこの冬買った 「ミスタージェントルマン」のパーカ、「トニー タイズサン」のパンツ、「ヴァンズ」のスニーカー
パーカ/ミスタージェントルマン、パンツ/トニー タイズサン、スニーカー/ヴァンズ、コート/古着、Tシャツ/ギルダン、サングラス/アイヴォル

大石 学さん Age 43 がこの冬買ったモノ
「ミスタージェントルマン」のパーカ、「トニー タイズサン」のパンツ、
「ヴァンズ」のスニーカー
「合わせるのが楽だから」とネイビーのアイテムを多く所有する大石さんが、「中綿入りなので保温性も高い」とひと目惚れしたの写真のコーデュロイパーカ。これを、「最近ゾッコンのゆったり系シルエットながら、クラシカルなチェック柄が大人らしい」とヘビロテするパンツと合わせた。ヴァンズは、太パンに欠かせない存在という。

小物は趣味の登山での使用も意識したチョイス。「キャップは耳あて付きが暖かくてアクセントになるので、よく買います。サングラスも、山&街兼用目線が多いんですよね」。

投稿形式で“おねだり”私服公開を

「ヴァンズ」のスニーカー
「ヴァンズ」のスニーカー
スエードの質感、押し出しの強いカラーリングが気に入って購入。最初はオリーブだけのつもりが、試着を重ねてつい「大人買い」した。

「バウワウ」のキャップ
「バウワウ」のキャップ
気付くと選んでいる耳あて付きキャップは、山での使用も見越したもの。街では冬コーデのアクセントになると、実用的な物選びが冴える。

 

太田泰輔、恩田拓治=写真 髙村将司、戸叶庸之=文

# ヴァンズ# ザ・ノース・フェイス# トニー タイズサン# パタゴニア# プラステ# パパラッチ# モデル# 私服
更に読み込む