https://oceans.tokyo.jp/fashion/2019-0201-4/

フォーナインズでメガネが楽しくなる! 4つのお洒落なレシピ集

このエントリーをはてなブックマークに追加
3 FUN! Cooking by 999.9
フォーナインズのメガネを使って簡単!楽しい!格好いい!そんな“美味しいスタイル”をご紹介。お洒落の献立作りにお役立てください!

今回は素材はこの4本!

上から「NPM-80」、「M-66」、「S-170T」、「S-182T」/すべてフォーナインズ(価格は下を参照)。


レシピ① 男クサくて大人っぽいアメカジの“甘辛”仕立て

メガネ/フォーナインズ、ジャケット/ウエスト オーバーオールズ(ストール ショールーム)、パーカ/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)、デニム/メイデンズショップ
メガネ3万8000円/フォーナインズ 03-5797-2249、ジャケット5万5000円/ウエスト オーバーオールズ(ストール ショールーム 03-6812-9371)、パーカ3万7000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238)、デニム8000円/メイデンズショップ 03-5410-6686

最初の食材はアメカジ。皆さんも大好きな「革ジャン×デニム」という辛口の定番の組み合わせです。ここに、素材や色選びに変化をつけて甘味を加えることで、男クサさだけでなく大人っぽさを引き出すことができます。上品で落ち着いた印象のアメカジスタイル、特製“甘辛”仕立てでお召し上がりください。

力強さと知性がフュージョンする“甘辛”コンビのウェリントン
フォーナインズの「NPM-80」

フォーナインズの「NPM-80」
3万8000円/フォーナインズ 03-5797-2249


レシピ② シックで表情豊かブラックスタイルの“深煎り”仕立て

メガネ/フォーナインズ、ニット/ジョン メイソン スミス(ヘムト PR)、コート/スティル バイ ハンド(スタイルデパートメント)
メガネ3万8000円/フォーナインズ 03-5797-2249、コート4万8000円/スティル バイ ハンド(スタイルデパートメント 03-5784-5430)、ニット4万円/ジョン メイソン スミス(ヘムト PR 03-6721-0882)、デニム、スニーカー/スタイリスト私物

ふたつ目のレシピは、都会的でモードな薫りが漂う「ブラックスタイル」。ポイントは、アウターやトップス、ボトムスにそれぞれ素材や色の濃淡の違うアイテムを組み合わせること。そうすることで、オールブラックでも表情豊かなコーディネイトに仕上がります。コクとキレのある深い味わいのブラックスタイル、ぜひ、ご賞味ください。

顔なじみのいいスモークカラーのサーモントスタイル
フォーナインズの「M-66」

フォーナインズの「M-66」
3万8000円/フォーナインズ 03-5797-2249


レシピ③ 品良くさらりと洒落るクラシックスタイルの“モダン”仕立て

メガネ/フォーナインズ、ジャケット/バブアー(バブアー 銀座店)、ニット/ジョンストンズ(リーミルズ エージェンシー)、パンツ/リディアル(カイタックインターナショナル)、スニーカー/コンバース(アバハウス 原宿)
メガネ3万5000円/フォーナインズ 03-5797-2249、ジャケット4万9000円/バブアー(バブアー 銀座店 03-6264-5569)、ニット5万8000円/ジョンストンズ(リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238)、パンツ2万2000円/リディアル(カイタックインターナショナル 03-5722-3684)、スニーカー1万2000円/コンバース(アバハウス 原宿 03-5466-5700)

お次のレシピはクラシックスタイル。年を重ねて“いい味”が出てきた皆さんだからこそぜひ挑戦していただきたい大人な装い。とは言え、ただの古典的なアイテムの合わせではなく、所々に今っぽい隠し味をちりばめたモダン仕立てに。コテコテなのはちょっと……という方にも、カジュアルでシンプルな味付けにしておりますので、さらっと美味しく召し上がれますぞ。

メタルサーモントで凛々しく知的にクラシックスタイルを後押し
フォーナインズの「S-170T」

フォーナインズの「S-170T」3万5000円/フォーナインズ 03-5797-2249


レシピ④ 若々しくて渋みもあるフレッシュテイストなMIXスタイル

メガネ/フォーナインズ、コート/カルーゾ(アダム エ ロペ)、パーカ/チャンピオン×エディフィス(エディフィス 新宿)、パンツ/メイク センス ラボラトリー(トリプル.アーチ.ワークス)、スニーカー/ニューバランス(ニューバランス ジャパン)
メガネ3万9000円/フォーナインズ 03-5797-2249、コート18万4000円/カルーゾ(ビオトープ 0120-298-133)、パーカ1万2000円/チャンピオン×エディフィス(エディフィス 新宿 03-5366-5481)、パンツ1万6000円/メイク センス ラボラトリー(トリプル.アーチ.ワークス 03-6712-7688)、スニーカー1万1900円/ニューバランス(ニューバランス ジャパン 0120-85-0997)

チャンピオンのパーカにチノパン、そしてニューバランスのスニーカー。アメリカンカレッジ&スポーティな装いにやや文法の異なるチェックのコートとケーブルテンプルが特徴のクラシカルで優等生な雰囲気のメタルのメガネを掛け合わせる。すると、グッと新鮮なスタイルに見える。

そう、ポイントはMIX感。異なる要素の交ぜ合わせは今っぽいお洒落を楽しむのに欠かせない隠し味となるのです。若々しい格好に大人の渋さがマッチしたフレッシュな味わいはこれまたクセになりますよ。

シンプルでローテクな佇まいが大人の渋さを醸し出す
フォーナインズの「S-182T」

フォーナインズの「S-182T」
3万9000円/フォーナインズ 03-5797-2249


[問い合わせ]
フォーナインズ
03-5797-2249
www.fournines.co.jp

川崎一真(SIGNO)、山本雄生、渡辺謙太郎(MOUSTACHE)=写真 菊池陽之介、柴山陽平=スタイリング 勝間亮平(masculin)、向後伸行(JANEiRO)、MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベーシックデザイン偏重からの、脱却!? メガネのお洒落、第2フェイズ
2019.02.04
創立30周年を迎えるマツダにみる、メガネにも訪れている’90年代リバイバルの流れ
2019.02.02
ジンズの異色コラボで確信。「PC用メガネはダサい」は間違い!
2019.01.26
チャレンジしてみる価値アリ! 印象激変のビッグシェイプ復活の予感
2019.01.25
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12