冬の街角パパラッチ! 街に出よ。お洒落のヒントはそこにある! Vol.18
2019.01.21
FASHION

現代的な小ぶりのツーブリッジメガネで無難な俺にサヨウナラ

まっとうな男にとって、メガネは最高に役立つファッション小物だ。なぜなら、視力を矯正するための道具であると同時に、顔の一部として、最も他人の目に映るアイテムだからだ。あるときはさらりと知的に装い、またあるときには強い個性を主張する。
そんなメガネを、今気になるトレンド感あるものから厳選。マンネリにならず新鮮な気分で新しい1年を迎えるために、新しいメガネに替えてみませんか?

ティアドロップ型レンズとツーブリッジが特徴の、レイバンの名作「アビエイター」。そのアビエイターを小ぶりにしたようなメガネフレームが再評価されている。写真家のテリー・リチャードソンが愛用していることでも知られ、アメリカ映画に出てくる、クセ者のような雰囲気がたまらない。

無難なだけの男じゃいられないから、たまにはこんな強烈な匂いも必要だ。

 

顔に馴染む、小ぶりデザインながらも個性を感じさせるマルのツーブリッジ
メガネ2万2000円/マル(G.B.ガファス 03-6427-6989)、コート6万8000円/ネサーンス(エリオット 03-5708-5757)、ニット3万1000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238)

大きなティアドロップ型だと強烈な印象になってしまうが、小ぶりなデザインなら違和感がない。それでいて、個性を感じさせるのがツーブリッジの旨み。

 

往年の刑事ドラマに出てきそうなモスコットの細セルタイプ
3万1000円/モスコット(モスコット トウキョウ 03-6434-1070)

細セルタイプ。こんなヤツを掛けた刑事が活躍する映画とかありそう。

 

'80年代に一斉を風靡した、ビッグシェイプ&ツーブリッジ
2万3000円/カレラ(サフィロジャパン 0120-54-7750)

’80年代に一世を風靡した、ビッグシェイプ&ツーブリッジのパイオニアから。

 

レイバン「アビエイター」をひと回り小さくして現代風にブラッシュアップ
2万1000円/レイバン(ミラリ ジャパン 03-3514-2950)

元祖ブランドからは、オリジナルをひと回り小さくしたメガネフレームを。

 

トムブラウンのツーブリッジは、小ぶりで華奢だから掛けやすい
6万円/トムブラウン アイウェア(ディータ 青山本店 03-6433-5892)

小ぶりで華奢だから掛けやすい。

 

清水写真事務所=写真 石黒亮一=スタイリング 川瀬拓郎=編集・文

# モスコット# レイバン# ツーブリッジ# メガネ
更に読み込む