https://oceans.tokyo.jp/fashion/2019-0117-9/

ハイテク派もローテク派も喜ぶ一足、名付けて「街TECH」登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファッションにおいて“コンフォート”であることは今や欠かせない条件だ。伸縮性に富むデニム、風を防ぐスウェット、あっという間に汗が乾くTシャツ……。我々の生活を心地良くするために服は日々進化している。

それはスニーカーにおいても例外ではない。

今や群雄割拠のスニーカー前線にあって、オーシャンズ世代に打ってつけの一足がアディダスのニューカマー「PUREBOUNCE+(ピュアバウンス+)」だ。

ランニングシューズというカテゴリーに属す「ピュアバウンス+」は、“走る”ことはもちろん街を“歩く”ことも快適にしてくれる。そして、あらゆるスタイルにフィットするオールラウンダーな顔つきが我々の日常に寄り添い、多方面的なコンフォートをもたらすのだ。

ハイテクでありながらローテク的な親しみやすさも持つコイツが確立するのは「街TECH(マチテク)」とでも言うべき新ジャンルである。


37.5歳、元祖スニーカー世代が求める“街履き”の理想形

その日着る服に頭を悩ませた挙句、待ち合わせ時間に遅れそうになって最後はダッシュ。愛犬に任せるまま散歩して気が付けば長距離ウォーキング。「たまには走るか」って思い立って近所の公園まで──。

誰しも経験があるそんな日常のシーンを軽やかに乗り切ることのできるランニングシューズ、それがアディダスの「ピュアバウンス+」。ランニングシューズながら“街履き”に求められる機能を徹底追求したアディダスの意欲作だ。

見た目はクラシック、しかしその実、最先端のテクノロジーが搭載されている「ピュアバウンス+」は、スニーカーの二大勢力であるローテク派もハイテク派も納得すること請け合いである。


歩く日も駈ける日も。「街TECH」と楽しい日常

では実際、どんな日常に「ピュアバウンス+」は機能するのか。4つのシーンで見てみよう。


ランニングウェアはもちろん、ワンマイルからカジュアルなデニムスタイル、さらにはジャケパンまで。こうした汎用性を担保するのが無駄を削ぎ落としたソリッドなモノトーンデザインで、ニットアッパーがそれをモダンに演出する。

そして、これらが“見た目”だけでなく、すべて快適な履き心地を運ぶ機能から来ているから「ピュアバウンス+」はスゴいのだ。

ランニングシューズという概念を著しくはみ出した、走る日も歩く日も頼れる「街TECH」シューズ。そのはみ出した部分に、我々の胸は知らず高鳴ってしまうのである。

「PUREBOUNCE+ (ピュアバウンス+)」

カジュアルなストリートランニングを楽しむために誕生したアディダス・PUREシリーズのニューカマー。

新開発のミッドソール「バウンス+」は、軽快に走るための「グリップ力と安定性」、快適に歩くための「履き心地とクッショニング」、そして長く使うための「耐久性」……と全方位的に高得点を叩き出す。さらに、ミッドソールがそのままヒールカウンターの役割を兼ねる構造で、シューズ本体の耐久性と柔軟性を飛躍的に高めた一体成型のPUインジェクション製法と、サーキュラーニットのアッパー&プライムニットのアンクルは、抜群の履き心地を提供してくれる。9990円/アディダス(ABCマート 03-3476-5448

[問い合わせ]
ABCマート
03-3476-5448

山本 大=撮影(スチール) 佐々木基之=撮影(ムービー) 菊池陽之介=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 竹川 圭=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
モノトーン大国・日本が生んだホカ オネオネのON・OFF兼用ランニングシューズ
2019.03.06 / スニーカー世代を刺激する「一足触発」
東京マラソン前にアシックス史上“最も革新的なランシュー”をチェックせよ
2019.03.02 / スニーカー世代を刺激する「一足触発」
アディダスのアディオス。何万足とスニーカーを見てきた男が復刻希望する名作
2019.01.25 / スニーカー世代を刺激する「一足触発」
限定エアマックスを唯一買える、ABCマート「グランドステージハラジュク」オープン!
2018.12.12
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12