2019.01.07
FASHION

リアルに’90sを過ごした男が選ぶべきヴァイパー・ルームとのコラボ作

’90sテイストはまだまだ人気継続のもよう。でもここまで浸透すると「他人と違う」を求めたくなるのが、リアルに1990年代を過ごした我らの心情。

そんな中、コーチが発表したカプセルコレクションは確かにひと味違う。’93年にオープンし今もハリウッドの“ロックの社交場”として知られるナイトクラブ「ヴァイパー・ルーム」とコラボしたものだ。

4万5000円/コーチ 0120-556-936

“ピラミッド アイ”をプリントしスタッズを打ち込んだスウェットや、クラブのイメージカラーである黒とグリーンを使ったサテンのブルゾンなど、単にスタイリッシュという以上の遊び慣れた感じの服。

9万2000円/コーチ 0120-556-936

故リヴァー・フェニックスや“レッチリ”のフリー、そしてオープンから約10年間オーナーであったジョニー・デップらが通った、当時の「最先端のアンダーグラウンド」を存分に表現。このカウンターカルチャー感にグッとくる。

’90年代にヴァイパー・ルームに集ったスターたちの当時の姿。左からジョニー・デップ、“レッチリ”のフリー、リヴァー・フェニックス。 © ゲッティ イメージズ


鈴木泰之=写真 柴山陽平=スタイリング

# ヴァイパー・ルーム# カプセルコレクション# コーチ# ジョニー・デップ# スウェット# ブルゾン# リヴァー・フェニックス# レッド・ホット・チリペッパーズ
更に読み込む