https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-1230-6/

メグロ、コウベ、ミナト。世界が嫉妬するサタデーズのご当地ダウン

このエントリーをはてなブックマークに追加

サタデーズ ニューヨーク シティは、2009年にNYのソーホー地区でスタートした、サーフカルチャーとシティライフを融合させた先駆け。

その人気は抜群で、今では世界屈指のライフスタイルブランドへと成長しているが、あるアイテムを巡って今、世界が日本に嫉妬しているという。それが、彼らが今季リリースした日本先行発売のダウンである。


モデル名は「ミナト」「コウベ」「メグロ」ってもしかして……

展開されているのはダウンジャケットにダウンシャツ、ダウンベストという3型ですべて黒をベースにデザイン。それぞれに付けられたモデル名はなんと「ミナト」「コウベ」「メグロ」というのである。

これ、実はサタデーズのデザイナーが東京の港区、目黒、そして神戸の土地にインスパイアされて名付けたという代物、それぞれにカルチャーを持つエリアの、ご当地アイテムのごとく展開だ。では、それぞれのアイテムの詳細を見ていこう。

大人っぽくもモードっぽい「ミナト ダウンジャケット」

「ミナト ダウンジャケット」4万8000円/サタデーズ ニューヨーク シティ 03-5459-5033

「ミナト ダウンジャケット」は、街着に十分な保温力を持つ逸品。しかしながら厚みを抑えたスッキリとしたシルエットとマットな質感がスマートで、随所にボンディングを採用することでダウンでありがちなモコモコ感も回避。袖に付けた同系色のロゴテープがどこかモードなムードまでたたえている。

さらに、シェルの撥水加工やポケットの止水ジップ、袖にはインナーリブも装備して風の侵入を防いでくれる。機能も申し分ないのである。

これさえあれば、サタデーズの故郷・NYの厳しい冬もへっちゃらだろう。


アウターにもインナーにも使える「コウベ ダウンシャツ」

「コウベ ダウンシャツ」3万9000円/サタデーズ ニューヨーク シティ 03-5459-5033

アウターとしてもインナーとしても使えるダウンシャツも冬に役立つはず。スナップボタンも黒で統一したストイックなデザインで汎用性も抜群だ。ワークライクなダブルポケットがアメカジ好きの心をグッと掴むよね。


“春か秋冬”使える「メグロ ダウンベスト」

「メグロ ダウンベスト」3万2000円/サタデーズ ニューヨーク シティ 03-5459-5033

休日は車派という人にはありがたいダウンベストもラインナップ。たっぷりとダウンを充填したベストは、ビッグシルエット・トレンドにぴったりハマるボリューム感がウリだ。これだったら「春か秋冬(しゅんかしゅうとう)」3シーズン使えるね。

世界が嫉妬する日本先行発売のダウンコレクション、今度は間もなく完売との噂がチラホラ。迷っている暇は、ないかもしれませんよ。

[問い合わせ]
サタデーズ ニューヨーク シティ
03-5459-5033

このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブランドのバカ売れダウン&コート。プロに聞く着こなしのコツ
2019.02.03
アウトドアからキレイめまで、プロが着こなすバカ売れダウン&コート
2019.02.02
今季バカ売れのダウン&コート、ファッションのプロたちはこう着る!
2019.02.01
トラッド、モード、ナチュラル……なんでもOK! ダウンはテイストを選ばない!
2019.01.16
バランス良く着るためにパンツの丈問題も、忘れずに。
2019.04.19
サードタイプ型Gジャンの薄れない魅力
2019.04.17
クリーンな上半身だからこそ渋色パンツが利く
2019.04.15
軽快感&ユルさで革ジャンスタイルは激変!
2019.04.13
長年ファッションを楽しんできた男のミリタリールック
2019.04.11
アウトドアなアクセントで脱・スタンダード
2019.04.09
ライダーズが男クサくなりすぎないコーディネイトには理由がある
2019.04.07
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
ラクが一番ならば、スポーツブランドの黒を
2019.04.01
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28