2018.12.19
FASHION

山で生まれた「好配色」トップスが街でも好都合な理由

「好配色」。手元にあるいくつかの辞典には掲載されていなかった。ある種、ファッション誌が作ったとも思われるこの造語は、言い得て妙な説得力のある言葉だ。おそらく(推測で恐縮だが)、’90 年代のストリート系ファッション雑誌が、スポーツウェアやアウトドアウェアで、配色が良いものをそう表現したのだろう。

とりわけアウトドアウェアの好配色は、抑えめなトーンの掛け合わせから、ビビッドカラーを利かせたものまでバリエーション豊富で、目で楽しませてくれて、袖を通すとワクワクさせてくれる。例えば、地味で無難な冬のコーディネイトに、好配色のアウトドア由来のトップスを加えてみると、その見た目が劇的に新鮮で楽しいものになる。

好配色は、好都合だ。

21世紀のシェルアウターは「山・街両用着」だ

ジャケット5万9000円/ホグロフス(アシックスジャパン ホグロフス事業部 03-6369-8885)、ニット6万2000円/マイケル・コース メンズ(マイケル・コース 03-5772-4611)、パンツ4万2000円/アトリエ ベトン(スタジオ ファブワーク 03-6438-9575)、スニーカー1万4000円/グッド オル×コンバース(グッド オル 03-6873-5451)

オーシャンズ世代はスノーボード第1世代だ。1992、’93年は日本のスノーボード元年といえるが、あの頃はスノボードウェアを街で着るなんてありえなかった。そのことを考えると、最近の山用・雪用のシェルアウターはデザイン面も機能面も優秀すぎる。

このホグロフスのフリースキー用パーカは、まさに。ゴアテックスや雪崩救助システムで知られるレコの再帰反射リフレクターといった本格仕様にして、ベージュ×オレンジの配色はどこかレトロなマウンテンパーカのようで、街で着ても最高に似合う。


ちょいと地味めなスタイルを一変させる’90sな配色

ジャケット4万1500円/モンチュラ(エアモンテ 03-3526-6222)、フリース4万1500円/ピッグ&ルースター 03-6303-2312、パンツ2万6000円/サイ ベーシックス(マスターピースショールーム 03-5414-3385)、スニーカー1万4000円/コンバース 0120-819-217

毛脚の長いフリースと、シルエットが太めのチノパンツ&オールブラックのコンバースのスニーカー。この上質だけど地味めなコーディネイトに華を添えるにはどうしたらいいだろう? 答えは、好配色のアウトドアブランドのアウターである。ターコイズ×グレー×オレンジのザ・’90sな配色のイタリアンアウトドアブランド、モンチュラのスキージャケットを羽織れば、ほら、見違えたでしょ?


定番の銘品を旬に変える魔法のアウター

ジャケット3万3000円/マウンテンハードウェア(コロンビアスポーツウェアジャパン 0120-193-803)、ニット3万3000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238)、パンツ3万3000円/オーラリー 03-6427-7141、スニーカー2万8000円/ニューバランス(ニューバランス ジャパン 0120-85-0997)

ジョン スメドレーの定番ポロセーターに、ミリタリー仕様のチノパンツ、ニューバランスの「M1500」。どのアイテムも時代に左右されない銘品のコーディネイトだが、もう少し遊びが欲しい気もする。で、登板させたいのが、パープル×ブラックの切り替えが印象的なマウンテンハードウェアのプリマロフトを使ったジャケットだ。これだけでグッとモダンな印象になる。


あのオジサマ好みすら現代アウトドア服で新鮮に

ダウンジャケット4万9000円/マムート(マムート スポーツ グループ ジャパン︎ 03-5413-8597)、ニット2万7000円/ザ・ノース・フェイス パープルレーベル(ナナミカ マウンテン 03-5728-3266)、パンツ1万4000円/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893)、スニーカー/スタイリスト私物

テーラード系ファッションの今季トレンドは「ブリティッシュテイスト」。カジュアルスタイルだったら、ガンクラブチェックのトラウザーにはオイルドジャケットあたりを合わせたくなるが、そこにハイテクで配色のいいダウンジャケットを合わせるのがオーシャンズ流。足元をヴァンズのスニーカーで軽く仕上げれば、オジサマ好みと一線を画す新鮮なスタイルが一丁上がり!


テイストのミックスを巧みにまとめる好配色

フリース1万4800円/チャムス(チャムス表参道店 03-6418-4834)、カットソー1万4000円/ウールリッチ(伊勢丹新宿店 03-3352-1111)、パンツ3万4000円/フィル ザ ビル(フィル ザ ビル マーカンタイル 03-6450-3331)、スニーカー2万2000円/ホグロフス(アシックスジャパン ホグロフス事業部 03-6369-8885)

モックネックのスウェットシャツ、フィル ウエスタンディテールのトラウザー、そしてトレイルランニング用スニーカー……。このジャンルを超えたハイパーミックスコーディネイトに生地を2枚合わせたチャムスボンディングフリースパーカを。パンツとスニーカーに色を合わせながら、鮮やかな裏地を挿し色として利かせるのが、テクニックだ。


清水写真事務所=写真 荒木大輔=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 増田海治郎、加瀬友重、今野 壘=文

# アウトドアウェア# 好配色
更に読み込む