https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-1216-2/

熊谷隆志がひと目惚れした男はネサーンスをどう着こなすのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファッションを軸にライフスタイル全般への好奇心が止まらない。高い感度と鋭い観察眼を持った熊谷隆志が日々直感する瑞々しい「お洒落」をモノ・コト・ヒト、全方位的にピックアップ。誰に何をいわれようが、オーシャンズ世代の先頭をただ突っ走るオトコを、今月も追いかけてみた。

ネサーンスの秋冬のテーマは「アスペクト・オブ・リアリズム」。ミリタリーやハンティングなど、クラシックで実用的なスタイルを、日常的に着やすく落とし込んでいます。

特にアウターは充実していておすすめ。代表的な2着を俳優の淵上泰史さんに着てもらいました。

出会ってすぐにオファー!? 熊谷がひと目惚れした男

熊谷 映画『アウトサイダー』を見ていたらすごく気になる日本人俳優がいて、それが淵上泰史さんでした。とにかく目がいい、顔がいい。それでぜひともネサーンスを着てもらいたいと思って、今回モデルを務めてもらいました。思ったとおりすごく似合っています。淵上さんは19歳のときに、写真家のブルース・ウェーバーに気に入られてモデルをしたことがあるらしい。やはりあの巨匠が見いだしただけのことはあるね。近々大ブレイク間違いなし! と僕は思っています。

淵上 『アウトサイダー』は出番が少ないのに、きちんと評価してくださってうれしかったです。1カ月くらい前に初めてお会いしたとき、「今度、何か一緒にやろうね」と言っていただき、すぐにこの撮影のオファーが。やはり仕事ができる人は行動が早い。ブルース・ウェーバーさんもそうでした。これからはアニキと呼ばせていただきます(笑)。ぜひ、また飲みに誘ってください。


シックに着こなす「ネサーンス」のアウター

ふちかみやすし●1984年生まれ。主な出演作に映画『花宵道中』『ダブルミンツ』、TVドラマ「昼顔」「恋がヘタでも生きてます」など。12月7日(金)公開の映画『青の帰り道』、2019年1月26日(土)公開の映画『デイアンドナイト』にも出演している。 コート8万8000円、ニット2万8000円、パンツ2万3000円、キャップ8000円/すべてネサーンス(エリオット 03-5708-5757)、靴はスタイリスト私物

ミリタリーをベースにしたコートは、イギリス軍のヴィンテージがイメージソース。


ジャケット7万9000円、ベスト11万円、カットソー1万7000円/すべてネサーンス(エリオット 03-5708-5757)

チェック柄のこちらはハンティングジャケットがベースなので、ポケットがたくさん付いていて便利。海外だとセットアップでフォーマルに着たりするので、ネクタイを合わせても。


2万1000円/ネサーンス(エリオット 03-5708-5757)

ハイネックのジップアップ
ジップを開けて、インナーとのコーデを楽しみたい。


2万2000円/ネサーンス(エリオット 03-5708-5757)

永遠の定番チェック
ニットやアウターとも合わせやすい赤のチェック。


2万8000円/ネサーンス(エリオット 03-5708-5757)

脱ぎたくなくなるフリース
着心地抜群のフリースがシャツジャケットに。


3万9000円/ネサーンス(エリオット 03-5708-5757)

真冬に似合うラベンダー
ニットは、カラーとショルダーのジッパーがポイント。


3万8000円/ネサーンス(エリオット 03-5708-5757)

二度おいしいリバーシブル
僕が大好きなイエローでブルゾンを作りました。


7万2000円/ネサーンス(エリオット 03-5708-5757)

軽くて着心地抜群のコート
このコートと同じ柄のパンツ&バッグもあります。


熊谷隆志(くまがいたかし)
1970年生まれ。渡仏後、’94年スタイリストとして活動開始。’98年以降はフォトグラファーとしても活躍。自身のブランド、ネサーンスを手掛け、パーソナルショップ、ウィンダンシーを運営する。また数多くのブランドやセレクトショップのディレクションにも携わり、ファッションからクラフト、ワークショップなどのモノ・コトを通して、本質的な“ウェルビーイング”を提案する。趣味はサーフィン。グリーンライフにも造詣が深い。


熊谷隆志=写真・スタイリング 砂原由弥(UMiTOS)=ヘアメイク 町田あゆみ=編集・文

このエントリーをはてなブックマークに追加
体作りにもストレス発散にも。熊谷隆志が通うキックボクシングと仲間たち
2018.11.29 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
ウィリアム・エグルストンに憧れて。熊谷隆志の写真の原点
2018.10.22 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
大好きな街、神戸のオススメスポットはココ! 熊谷隆志の旅日記
2018.10.07 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
「まるでバイロンベイ!」熊谷隆志が案内する千葉の最新秘密基地とは?
2018.08.20 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05