帰ってきたユースケ部長! 秋冬を楽しむ着回し服のすべて Vol.47
2018.12.03
FASHION

大人が選ぶべき黒アウターはワイルドよりもマイルド目線

「黒」。とかくワイルドな印象を持たれがちな色だが、素材選び、アイテム選びで、品良くマイルドに装うことも可能だ。

例えば、モコモコにしてエコ精神を纏えるフェイクファーコートや、艶があるけど丸っこく見えるレザーダウンが代表格。新鮮味を求めるなら、まろやかな黒を推奨する次第。

 

「ディースクエアード」

コート19万9000円、ニット11万1000円、パンツ7万1000円/すべてディースクエアード 東京 03-3573-5731

今、モード界にも倫理的な観点から「リアルファー・フリー」の動きが徐々に出始めており、多くのブランドが賛同している。そんな時代の潮流を牽引するのは、さすがのディースクエアード。

アクリルとポリエステルにヴァージンウールを混紡し、モコモコとしてファーライクな表情を生み出す技術も見どころありだ。ビッグシルエットのミリタリー調に仕上げつつ、この素材感ゆえ見た目はどこかマイルド。ルックスも背景も「優しい」コートといえるだろう。

 

左●「アヴィレックス」
中●「ザ・ノース・フェイス パープルレーベル」
右●「インターナショナルギャラリー ビームス」

左●6万9000円/アヴィレックス 新宿 03-5367-2013、中●12万8000円/ナナミカ マウンテン 03-5728-3266、右●16万円/インターナショナルギャラリー ビームス 03-3470-3948

革ジャンもいいけれど、そこまでの武骨さは不要。少し男らしく、可愛らしく、ラグジュアリーにキマるのが黒レザーダウンなのです。

 

芹澤信次=写真(人物)、清水健吾、高橋絵里奈=写真(ともに静物) 星 光彦=スタイリング AMANO=ヘアメイク 髙村将司、いくら直幸=文 長谷川茂雄=編集

# コート# ブラック# レザーダウン
更に読み込む