NEWS Vol.247
2018.11.11
FASHION

スパイク・ジョーンズが表した、ザ・ノース・フェイスへの愛のカタチ

アウトドアブランドの雄「ザ・ノース・フェイス」。人によってはキャンプや登山などを通じ、子供の頃から慣れ親しんだブランドでもあるだろう。

『マルコビッチの穴』で映画監督デビューを果たしたスパイク・ジョーンズもそのひとりである。

スパイク・ジョーンズ監督。

幼少期から、母がキャンプでザ・ノース・フェイスのバックパックを背負っているのを見ていたジョーンズは、その影響もあり、ずっと同ブランドのバッグを愛用していたという。

そして映画監督として来日した際、東京のショップで、ザ・ノース・フェイス パープルレーベルの3-WAYバッグに触れた彼は、「日々の生活にアウトドア機能を取り入れる」というコンセプトに共感。「自分のテイストにあったデザインをしたい」という衝動にも駆られた。

その思いがカタチとなって生まれたのが、今回登場したスパイク・ジョーンズとザ・ノース・フェイス パープルレーベルのコラボレーションモデルである。

スパイク・ジョーンズとザ・ノース・フェイス パープルレーベルのコラボレーションモデル。

ジョーンズが若い頃から愛用してきたモデルに、クラシックなウール素材のチェック柄をデザイン。3-WAYバッグとキャリー型のシャトルローラーの2種類を展開し、生地はイタリアのPARA社のオリジナル素材を採用した。

H32.5×W44×D17cm 3万5000円/ザ・ノース・フェイス パープルレーベル(ナナミカ マウンテン 03-5728-3266)

オーバーナイター、ショルダーバッグ、バックパックの使い分けができる3-WAYバッグ。内部には、パソコンを収納できるスリーブや携帯電話用のポケットなどが備わっている。

 

H50×W36×D20cm 4万6000円/ザ・ノース・フェイス パープルレーベル(ナナミカ マウンテン 03-5728-3266)

大手航空会社の機内持ち込みサイズをしっかりクリアしているシャトルローラーにも、パソコンや携帯電話用のポケットを用意。横いっぱいに開くフルオープンを採用するなど、コンパクトに見えて使い勝手の良いバッグなのだ。

“SPIKE JONZE”と記されたオリジナルのタグが付くこのアイテムは、ナナミカの直営店とその他一部店舗で昨日11月10日(土)に発売されたばかり。さまざまなライフシーンの手助けをしてくれる相棒として、チェックするに値する逸品だ。

 

[問い合わせ]
ナナミカ マウンテン
03-5728-3266

POW-DER=文

# ザ・ノース・フェイス パープルレーベル# スパイク・ジョーンズ# ナナミカ# バッグ
更に読み込む