https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-1110-4/

白黒つけたい! 本物のON・OFF兼用ランシューはどれだ?【前編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

若い頃に比べ体型は崩れ、健康診断の数値も気になり始めた。「よし、身体を動かそう」と心に誓うものの三日坊主だけは昔と変わらず 。「スポーツの秋」の今こそ知りたい、三日坊主を卒業するためのスタートアップガイドをどうぞ!

今年こそ20代のころの無駄のない体を取り戻す──元旦の計で誓い、意気込んでランニングシューズを買ったはいいが、あまりの寒さにほどなく撃沈。

これは典型的な三日坊主の姿だが、ここでセレクトするシューズがあまりにカラフルでスポーツ然としたものだと、私服に合わせるわけにもいかず、玄関でホコリをかぶることに。

前回紹介したインナーウェアに続き、今回俎上に載せたのはスポーツ中(ON)でも普段着(OFF)でも履けるランニングシューズ。条件は、①最新のテクノロジーを備えつつ ②スタイリッシュなモノトーン・カラーパレットであること。シティランをクールに仕上げるそんなスニーカーなら、カジュアルな装いにもマッチすること請け合いだ。

前編では黒を基調としたランシューを8選ご紹介! 後編のホワイト系ランシューと比べ、どちらに軍配が上がるか、今こそ“白黒”をつけるときだ。


2つのテクノロジーが融合した、革新的な「ハイブリッドランナー」

1万2000円/プーマ 0120-125-150

NRGYとIGNITEという2つのテクノロジーを掛け合わせた革新的なミッドソールフォームを採用したプーマの「ハイブリッドランナー」。長距離トレーニングに適したクッション性と反発性を具現化した。アッパーは優れたフィット感を生むニットファブリック。ソールサイドのランダムなドットがアクセントに。


ストリートランニング・ブームの火付け役「ピュアブースト ゴー」

1万6000円/アディダス(アディダスグループ 0570-033-033)

ストリートランニングに向けた機能とスタイリッシュなデザインを両立したアディダス「ピュアブースト ゴー」。地面に近く、広めに設計した前足部と強化したヒール構造が飛躍的に安定性を高め、急カーブの足ブレも防ぐ。反発力のあるクッショニングと柔軟性のあるアウトソールで蹴り出しもスムーズ。


雲上を行くような走り心地「クラウド ウォータープルーフ」

1万5800円/オン(オン ジャパン 045-264-9440)

“雲の上を走っているよう”と賞賛された世界特許技術 CloudTecで一躍表舞台に躍り出たスイス発のオンはソール周りのデザインも斬新。「クラウド ウォータープルーフ」はその名のとおり100%防水・防風の特殊メッシュを成型した一足だ。シューレースを結ぶ必要のないスピードレーシングシステムなどあらゆるテクノロジーが画期的。


最高のクッション性と分厚いソールに男惚れする「ボンダイ 6」

2万1000円/ホカ オネオネ(デッカーズジャパン 0120-710-844)

ロードシューズのラインナップ史上、最も優れたクッション性を実現したホカ オネオネ「ボンダイ 6」。フルEVAミッドソール、通気性に富んだアッパー、そしてメタロッカーテクノロジーによりあらゆる走行シーンで安定したサポートを保証する。オールブラックのそれは精悍な顔つきもたまらない。


ランナーを重力から解放する「UAホバーファントム」

1万5000円/アンダーアーマー(ドーム 0120-106-786)

無重力のような履き心地を具現するというクッショニングフォーム、UAホバーを搭載したアンダーアーマーの「UAホバーファントム」。従来のコレクションに比べて反発性で15%、耐久性で40%向上、10%の軽量化も実現した。柔らかく、フィット感に優れ、通気性も備えるスピードフォーム2.0のアッパーも見どころのひとつ。


走行の衝撃の83%をエネルギーへ変換する「ブレイクスルー」

8900円/サッカニー(サッカニー ジャパン 03-3476-5674)

走行時にかかる衝撃の83%をエネルギーへと変換するエバーランを搭載したサッカニー「ブレイクスルー」。フルマラソンの終盤もへこたれることなくクッション性をキープするというからその持続力も驚異的のひと言だ。ほかのクッション材に比べて気温の変動にも強く、季節を問わず頼りになる一足。端正な佇まいも◎。


トレーニングからフルマラソンまでカバーする「フレッシュフォーム・ボンゴv3」

1万3500円/ニューバランス(ニューバランス ジャパン 0120-85-0997)

DATA TO DESIGN──まさに機能美を具現したハニカム構造のソールが最適なクッション性と安定性、そしてインパクトを保証するニューバランス「フレッシュフォーム・ボンゴv3」。トレーニングやフィットネスランはもちろん、フルマラソンもサポートするパフォーマンスランニングシューズ。


アクセントのネオンカラーが美しい「ソニック RA MAX」

1万5000円/サロモン(サロモン コールセンター/アメア スポーツ ジャパン 03-6631-0837)

ネオンイエローがまぶしい「ソニック RA MAX」。走行時の衝撃を吸収し、疲労のリスクを軽減してくれるVibe機能を備えたボトムユニットを搭載。ローリング形状の底面はスムーズな足運びをサポートしてくれる。より遠くまで走りたいランナーのためのシューズだ。


この特集は三日坊主の卒業ガイドではあるが、もし万が一、いや億が一、またランニングが三日坊主に終わってしまうとしても、ここでピックアップしたシューズであれば玄関でホコリを被ることにはならない。購入をためらう理由はないので、思い切ってゲットすべし!

次回はホワイトベースのランニングシューズを一挙ご紹介!


高橋絵里奈=写真 柴山陽平=スタイリング 竹川 圭=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
ランニング生活向上のために勧めたい、いいシューズと4つのギア
2019.02.20
着る、飲む、知る…スポーツの楽しみを全部パックしたデサントの巨大店!
2019.02.17
アディダスのアディオス。何万足とスニーカーを見てきた男が復刻希望する名作
2019.01.25 / スニーカー世代を刺激する「一足触発」
2019年の日本がきっとフィーバーする「スポーツの3大要素」
2019.01.17
ビビッドな配色で魅せるゆったりシルエット
2019.02.21
上質なネイビーパンツでカジュアル感を抑えるお手本
2019.02.21
ダークカラーに白スニーカーで軽さをプラス
2019.02.21
全身オーバーサイジングで“トレンドを纏う”
2019.02.20
ライダーズ×タック入りパンツを使った技巧派フォルム
2019.02.20
ブラックインナーで引き締める、ゆったりシルエット
2019.02.20
定番かつ存在感あり。トートとコンバースで大人カジュアルに
2019.02.20
ミリタリー全開の気分には、パーカとパンツで“太さ”を楽しむ
2019.02.20
無骨なオリーブ×オフホワイトで“優しいけど頼れるパパ”に!
2019.02.19
カジュアルに潜む上品さの源は? ハイブランドのワイドパンツ
2019.02.19
定番色で作られた、清潔感あるストリートスタイル
2019.02.19
古着派の絶妙なこなし方。黄色いスニーカーでポップさを投入!
2019.02.19