https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-1029-3/

「エーグル」のTキットがくれた、もっと自由なマルチウェイ

このエントリーをはてなブックマークに追加

店頭や雑誌のなかで、よく見聞きする「インナーが着脱できて単品でも使えます」というセールストーク。アウター選びにおいて「そいつはありがたい!」と思う半面、「組み合わせも自由に選べたら」と欲が出る自分がいるのもまた事実。

それを満たすべくデザインされたのが、フランス生まれのアウトドアライフスタイル・ブランド、エーグルの「Tキット」である。


多彩な機能と自由な“中身”で、マルチに活躍するアウター!

インナーダウンベストは下の【A】を参照。ブルゾン4万2000円、カットソー6900円/ともにエーグル 0120-810-378

装着するインナーを選べる「Tキット」システム搭載のシェルアウター「ブラセス」。ショート丈のコンパクトなシルエットが都会的な今季の新作だ。

そのインナーに赤いダウンベストを装備して、落ち着いたネイビートーンの装いにアクセントを利かせた。「ブラセス」は、止水ジップのポケットやゴアテックス製シェルで雨にも強い。インナー次第で3シーズン着回せるマルチな優れモノである。


用意されたインナーの選択肢

【A】「プリマロフト」使用のベスト

各2万1000円/エーグル 0120-810-378

寒すぎず、暑すぎずな、中途半端な時季のお助け役
インサレーションに「プリマロフト」を使用したダウンベスト。コンパクトなフィッティングだが、ストレッチを利かせたシェルと、体の動きに合わせて変えられたステッチングで窮屈感はない。パッカブル用の収納袋が付属する。


【B】ジグザグステッチのダウン

左●2万9000円、その他●各2万6000円/ともにエーグル 0120-810-378

高いデザイン性で“ソロ活動”にも自信あり
ライン入りの袖口とジグザグのステッチがポイントのインナーダウンは、3つのカラバリと杢調の雰囲気の限定モデルを用意。サイドには、アウター使いした際に便利なジップポケットが付いている。


【C】シンプルなフリースブルゾン

各2万1000円/エーグル 0120-810-378

スタンダードだからこそこだわった快適性
アウトドアスタイルのミドルレイヤーに欠かせないフリースブルゾンも用意。グレー地の定番的ルックスながら、ラグランスリーブによるリラックス感や4-WAYストレッチ素材の採用などコダワリ満載。保温性も高く着心地は抜群だ。


自由になったインナー選びでできること

アウターとインナーの組み合わせを自由に選べる、エーグル流のマルチウェイシステム「Tキット」。ここでは、紹介した3つのインナーをソロ使いしたらどんな楽しみが待つかを、着こなしとともに検証する。

【A】「プリマロフト」使用のベスト を選べば……

ダウンベストは上の【A】を参照。シャツ6900円/ともにエーグル 0120-810-378、スーツ9万8000円、タイ1万4000円/ともにサイクロージング フォー ワイルド ライフ テーラー(ワイルド ライフ テーラー 0120-298-133)

ビジネススタイルにおいて無防備になりがちなVゾーンの防寒に黒いダウンベストを。もともとコンパクトな設計なので着膨れすることもなく、マットな質感がスーツにもマッチする。パッカブル仕様なのでバッグに忍ばせておくのもアリ。


【B】ジグザグステッチのダウン を選べば……

ダウンは上の【B】を参照。パンツ5500円/ディッキーズ 03-6434-1582

インナーダウンを単品で。超シンプルな装いでもこれが成立するワケは、杢調の風合いに袖口のライン、ジグザグのステッチといったデザインの集積にある。ネイビートーンだから着こなしも簡単で、今の時季ならTシャツに羽織るだけでOK!


【C】シンプルなフリースブルゾン を選べば……

フリースブルゾンは上の【C】を参照。ダウンジャケット5万9000円、パンツ1万5000円/すべてエーグル 0120-810-378

「ウィンドストッパー」シェルを採用したアウターで風を遮り、インナーのフリースで保温を行う、鉄壁のウィンタースタイル。スタンダードなデザインだから派手なアウターとも好相性で、さまざまなコンビで実力を発揮。汎用性もまた優秀なのだ。


[問い合わせ]
エーグルカスタマーサービス
0120-810-378
www.aigle.co.jp

清水将之(mili)=写真 菊池陽之介=スタイリング TAKAI=ヘアメイク

このエントリーをはてなブックマークに追加
冬のセンスアップのコツは“挿し色インナー”! 上級者の配色テクをご覧あれ
2018.01.18
海っぽさと、陽気なイエローでチルなムードを纏う
2018.12.12
キャメルで際立つ、優しい装いと父親像!?
2018.12.09
日焼けしたブラウンレザーに見いだすタフなムード
2018.12.06
デニムブルーはやはり男らしさのエッセンスである
2018.12.04
大人の貫禄とモスグリーンの親和性に大いに納得
2018.12.02
表情豊かに黒を着たいから シルエットを工夫する
2018.11.29
爽快な細身ブリーチが、年相応にはけるヒミツが知りたいか?
2018.11.24
オールタイムベストな軍モノ×デニムを新鮮に
2018.11.21
バイカー風に楽しむなら 色使いの工夫をお忘れなく
2018.11.17
エレガントなアウターに力を添える黒の魅力
2018.11.14
黒デニムをジャパニーズロックな雰囲気で
2018.11.11
デザインで遊ばず、緩急のついた シルエットで遊ぶ上級テク
2018.11.08