https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-1010-2/

鍛えているヤツが得する!? 精悍さへの道へと続く秘密の扉を持つバッグ

このエントリーをはてなブックマークに追加

“賢いバッグ”ってのは、ただ教科書どおりで無難なカバンのこと、ではない。ちょうどいい容量に使い勝手の良さなどの機能に加え、出かけること自体が待ち遠しくなるような存在感があるもの。それさえあれば、今週も我々の休日は必ず充実するのだ。

英気溢れる男が携えたバッグの底に散見する、得体の知れないジッパー。実は、それはシューズ専用の収納スペースなのである。

ジムやコートで彼らがその扉を開けるとき、精悍さへの道はひっそりと開かれていた!?


AER エアー

バッグH54.5×W28.5×D17.5cm 2万8000円/MSPCプロダクト 03-3796-1296、パーカ14万8000円/アズテック マウンテン(スプレンダーズ ギンザ シックス 03-6264-5568)、パンツ1万8000円/ザ・ノース・フェイス パープルレーベル(ナナミカ マウンテン 03-5728-3266)、スニーカー1万2400円/ニューバランス(ニューバランス ジャパン 0120-85-0997)

サンフランシスコで2014年に設立された注目株の2-WAYモデル。ボトム部分のシューズルームだけでなく、大きめのメインコンパートメントも使いやすい。丈夫なバリスティックナイロン素材というのも男心をくすぐる。


TUMI トゥミ

ボディサイドに設けられたシューズポケット。トレーニングシーンはもちろん、旅での「もう1足」を持ち運ぶときにも便利である。 H34.5×W45.5×D23cm 7万2000円/トゥミ 0120-006-267

ドクターズバッグのように開口部にフレームを入れたことで、中身がすぐに視認できるようになった大きめのダッフル。キャリーケースなどのハンドルにも装着できるので、旅先でトレーニングしたい人の相棒にも。トゥミ独自の「FXTバリスティックナイロン」ボディは、今さら説明するまでもない頑丈さが特徴である。


NEW BALANCE ニューバランス

H50×W33×D20cm 9900円/ニューバランス ジャパン 0120-85-0997

洗練された流線形のフォルムは、自社のスニーカーから着想を得たもの。ペットボトルサイズのポケットやスマホやカード類の収納に適したサイドのジップポケットなど、隅々まで配慮が行き届いたグッドデザイン。


SANDQVIST サンドクヴィスト

H44×W30×D16cm 2万4000円/ジャック・オブ・オール・トレーズ 03-3401-5001

スクエアフォルムが目を引く25Lサイズのバックパック。底のシューズポケットは未使用時に、主荷室とつなげて容量を増やせるのがアイデア。ボディのバリスティックポリエステルがリサイクル素材なのも特筆。
>サンドクヴィストのバックパックをオーシャンズグッドライフストアでチェック!


HERSCHEL SUPPLY × INDIPENDENT
ハーシェル サプライ × インディペンデント

H33×W58×D33cm 1万1000円/ ハーシェル サプライ 渋谷 03-6427-1250

スケートボード用トラックの定番ブランドとのコラボモデルは、ボディサイドにシューズポケットが。ボトム部分にデッキを装着できる仕様がスケーター向け。


HEAD YELLOW LABEL ヘッド イエローレーベル

H52×W42.8×D13.5cm 1万5500円/ヤマニ 03-3862-0821

底マチに走るシューズポケットのジップがデザイン的なアクセントにも。ビビッドなイエローボディ「コーデュラ66ナイロン」素材。背面にはクッションとメッシュ地を使い、背負ってもムレず不快感がないってのも賢い。


秘密の扉を持つバッグの中には…


芹澤信次=写真(人物) 竹内一将(STUH)=写真(静物) 石黒亮一=スタイリング yoboon(coccina)=ヘアメイク 押条良太(押条事務所)=文 今野 壘=編集・文

このエントリーをはてなブックマークに追加
スパイク・ジョーンズが表した、ザ・ノース・フェイスへの愛のカタチ
2018.11.11 / NEWS
デニムライフ充実化計画【その1】デニムを愛でる小物集
2018.10.26
生粋のライス派も色めき立つ。食パンへの愛が溢れるアイテムたち
2018.10.17
いつもが少しプレミアム。革でリッチになったデイリーバッグ
2018.10.16
どっぷり、たっぷり浸るデニム愛。
エレガントなアウターに力を添える黒の魅力
2018.11.14
黒デニムをジャパニーズロックな雰囲気で
2018.11.11
デザインで遊ばず、緩急のついた シルエットで遊ぶ上級テク
2018.11.08
渋さが欲しいなら、 “イタリア”に力を借りてみる
2018.11.05
力強く清潔感もある。そんなスタイルが好みなら
2018.11.02
色落ちブルーデニムでアメカジを。そんなときこそ“ジャスト”を選ぶ
2018.10.30
シンプルなアイテムにさりげない遊び心。大人ってそういうこと
2018.10.09
ギャルソンを堪能するためのストイックなシンプルスタイル
2018.10.06
タフで無骨。オールドスクールなヘリテージカジュアル
2018.10.03
青。色使いに長けたブランドの持ち味を楽しむ
2018.09.30
「旅」を感じる大人のバイカーズカジュアル
2018.09.28
ヴィンテージならではのシワ感とサイジングで”味”を味方に
2018.09.24