2018.10.09
FASHION
PR

ただのグレースウェット? いやいや実は……ロンハーマン流3つの仕掛け

ジップアップパーカ、そしてクルーネックシャツ。これからの季節に重宝する2大アイテムの注目作が10月13日(土)にロンハーマンの別注品として発売される。一見、シンプルで何の変哲もないが、そこはさすがのロンハーマン。知れば必ず欲しくなる3つの仕掛けがあった。

ジップアップパーカ3万7000円、クルーネックシャツ2万7000円/ともにレイニングチャンプ フォー ロンハーマン(ロンハーマン 03-3402-6839)

 

①コラボ相手がカナダの一流アスレチックウェア・ブランド

ひとつ目が、今回のコラボの相手が「レイニングチャンプ」であるということ。カナダ・バンクーバーで2007年にスタートしたアスレチックウェア・ブランドで、デザイン、素材、縫製に至るまで自社工場製のメイド・イン・カナダ。頑強無比、かつ快適至極なものづくりは自他ともに認めるところだ。

 

②実は素材がスウェットではなく「フリース」である

ふたつ目が、スウェット然とした顔つきながらフリース素材というギミック。軽く、乾きやすく、それでいて温かな風合いはフリースならでは。アウターの下からちらりとのぞくフーディが実はスウェット素材でなくフリースだなんて、なんとも気の利いているじゃないか。

 

③そしてフリース素材はハイスペックなポーラテック社製

ラストが臭くなりにくいということ。何を隠そうこの素材はかのポーラテック社製なのだ。ファブリックフェチならご存じのとおり、抗菌防臭はもちろん、吸汗、通気、防風、防水など、およそ考えうるあらゆるスペックで高得点を叩き出す、アスリートや冒険家も信頼を寄せるメーカーだ。

ライトグレーというカラーもありがたく、ご覧いただけばわかるように、ヘビロテ間違いなしの普遍性がそこにはある。全方位的にスキのないこの別注アイテムは着た人にしかわからない感動があり、しかも着れば着るほど、着回せば着回すほど余韻が深まるに違いない。

 

【問い合わせ】
ロンハーマン
03-3402-6839

竹川 圭=文

# ロンハーマン# フーディ# フリース# レイニングチャンプ
更に読み込む