https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-1009-4/

次なるヒットデニムはどれだ!? 【その③】化学反応を起こす特別コラボデニム

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日紹介したデニムの着こなし方も気になるところだが、次なるヒット作を見逃したら本末転倒。ということで、どれがトレンド最前線に来てもおかしくないデニムを5回に分けて紹介。名門の新顔、今だけのレアもの、ますます進化を遂げている機能性……。さぁ、次なる相棒探しを始めよう!

コラボはただ2つのブランドが共同したというだけではない。互いのブランド精神がぶつかり合い、新たな化学反応が起こるのだ。

ということで今回は、第3回にふさわしい【「1+1=3」なコラボレーション】!


①カルバン・クライン ジーンズ

2万3800円/カルバン・クライン 0120-657-889 CALVIN KLEIN JEANS CKJ 056 AthleticTaper Jeans, Printed artwork: Andy Warhol, Self-Portrait, c. 1982, ©/®/™ The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc.

ホワイトデニムをキャンバスに、アンディ・ウォーホルのポートレイトを大胆にもバックポケットの上にデザイン。生前、カルバン・クラインとも交流があったという彼との、時空を超えたシェイクハンズが実現した逸品に感動!


②コスチューム ナショナル

2万8000円[予価]/コスチューム ナショナル 青山店 03-4335-7772

日本製のリジッドデニムを使用し、日本人アーティスト、MIKITYPEによる漢字のカリグラフィをデニム側部に刺繍。エッジィな和洋折衷をアクセントにしたスリムストレートの1本である。


③ヌーディージーンズ × ビームス

2万9000円/ビームス 原宿 03-3470-3947

右のバックポケットとコインポケットにのみ、インディゴ染めのカイハラセルビッジを採用したアシンメトリー感がタマラナイ! ビームスならではの遊び心が加わったブラックデニムは、ぜひ短丈ブルゾンでギミックを堪能あれ。


④リー × アーバンリサーチ ロッソ

1万2500円/アーバンリサーチ ロッソ ミント神戸店 078-230-4710

オーセンティックなブルージーンズといった面構えの本作だが、実はストレッチを効かせたスキニーデニム。ブランドの顔であるパッチやネームタグはあえてブラックで端正な後ろ姿に。


⑤ノンネイティブ × グラミチ フォー ビューティ&ユース

2万3000円/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893

定番となったコラボ作である「クライマーイージーパンツ」、そこに名セレクトショップが加わることで初となるデニム素材に! ますます街で使える顔つきとなった。


⑥RTA

4万8000円/バーニーズ ニューヨーク 0120-137-007

LA発の気鋭ストリートブランドとのコラボ。細身の黒デニムの腿部分には意味深な文字を刺繍。脚長効果もあるという、バックのクロスの刺繍も、まさに西海岸のアングラ感が透けて見える。


⑦レッドカードとコラボした3ブランド

左●1万9000円/エストネーション 03-5159-7800、中●2万8000円/ビームス 原宿 03-3470-3947、右●1万9000円/エディフィス 新宿 03-5366-5481

日本ブランドのレッドカードは、コラボレーションにいつも意欲的だ。その大胆なアレンジを受け入れる器の広さに拍手!

エストネーション × レッドカード
型から起こしたブランド初のイージー仕様というだけでスペシャル!

ビームス × レッドカード
ライトブルーデニムにダメージ加工や3色のペンキを加え、ユニークなヴィンテージ感を演出。シルエットは野暮ったさのないスリムストレート。

エディフィス × レッドカード
スリムテーパードの定番「リズム」の丈をサイズによって調整し、裾上げの必要がないジャストレングスにしたエクスクルーシブ。


⑧腰まわりに注目!なコラボデニム

左●2万9000円/ロンハーマン 03-3402-6839、右●1万5000円/アドナスト ミュージアム 03-5428-2458

スビ フォー ロンハーマン
オーストラリアの気鋭ブランドによるスリムフィットの「チッチ」が共作により、日本人向けのレングスに変更。購入者にノベルティでプレゼントするガチャベルトは、ロゴ入りでストリートなアクセントになってくれる。

アズ スタンダード × ジレ
ストリート感のあるコラボ作は、ストレートデニムをリメイクし、ウエストを2インチアップ。そしてドローコードで調整してシルエットで遊べるような仕様に。ステッチを解いた裾の仕上げもニクい演出。


<関連記事>
次なるヒットデニムはどれだ!? 【その①】デニムオーソリティの新型2018
次なるヒットデニムはどれだ!? 【その②】一期一会な◯◯限定デニム


鈴木泰之=写真 星 光彦=スタイリング

このエントリーをはてなブックマークに追加
進化したリプレイのデニムはどれだけ“ハイパー”になったのか
2019.03.22
スニーカーに続き「ダッドデニム」ブームか? ヤヌークのデニム最前線
2019.03.21
VANSの裏側まで愛するビームス名物バイヤーが特別視する10の傑作コラボ
2019.03.18
いい状態で「ずっと着てほしい」。その一念が生んだデニムとスウェットのスゴみ
2019.03.18
どっぷり、たっぷり浸るデニム愛。
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05