どっぷり、たっぷり浸るデニム愛。 Vol.8
2018.10.08
FASHION

三浦マーシー(48歳)が冒険する、カラフル&ビッグ&ロングなデニムトップス

デニムと言えばブルーだし、デニムと言えばパンツ。うん、確かにそうだ。そうやって誰もが固定観念に縛られたデニム像を作ってきたはずだ。でも、今じゃカラーデニムやデニムのトップスなんてのは珍しいものじゃない。

そんな時代だからこそ、ピックアップしたのが鮮やかな発色のデニムや、ロング&ビッグなシルエットを採用した、攻めたデザインのデニムトップス。

これに挑戦した怖いもの知らず、その男の名は“マーシー”こと三浦理志さんだ。

 

鮮やかなイエローデニムでかなえるデニム・オン・デニム

デニムコート4万5000円/リーバイス メイド アンド クラフテッド × ポギーザマン(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)、デニム1万8000円/サードハンズ(58ワークス 03-5794-3958)、Tシャツ5500円/サラウンド(グッド オル 03-6873-5451)、スニーカー1万4000円/アディダス オリジナルス(アディダスグループ 0570-033-033)

上下デニムの着こなしは難しい。どうしても土臭さが強く出るからだ。でも、男たるもの一度は着こなしてみたい……。長きにわたりデニム好きを苦しめてきたこの問題に答えを示してくれたのが、リーバイス  メイド アンド クラフテッドとコラボした小木基史氏。

鮮やかなイエローのサックコートは、何とデニム製! これを主役に黒でまとめたTシャツ&デニムと合わせれば、ご覧のとおり。派手色でも嫌みがないし、念願のデニム・オン・デニムがかくも素敵に楽しめるのだ。

 

ブナンな定番スタイルを刷新する良き一手として

デニムジャケット5万8000円/ダブレット(スタジオ ファブワーク 03-6438-9575)、Tシャツ2万3500円/アクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ 03-6418-9923)、パンツ3万2000円/エンジニアド ガーメンツ 03-6419-1798、ブーツ11万/ビズビム(F.I.L. TOKYO 03-5725-9568)

気鋭のブランドとして、業界でも注目のブランドが手掛けたGジャン。トレンド最右翼のビッグシルエットで縦横に走るセルビッジのラインがアクセント、さてこれをどうモノにするか。答えは、定番コーデの“ハズし”のキーアイテムとして着る、だ。

例えば、GジャンにTシャツ、軍パン、ブーツと、これだけ聞くと王道のアメリカンカジュアル。だが、Gジャンをダブレット謹製の黒に変えるだけで、一気に今のムードが漂う。アメカジが手早く進化するというわけだ。

 

アウターとして着こなす新感覚なロングデニムシャツ

デニムシャツ4万4000円/エムズ ブラック(セコンド ショールーム 03-3794-9822)、パーカ2万6000円/オーラリー×ビームス(ビームス T 原宿 03-3470-8601)、パンツ2万円/RHC & ザ ハートブレイカーズ×ディッキーズ(RHC ロンハーマン 045-319-6700)、スニーカー8500円/ヴァンズ(ピルグリム サーフ+サプライ 03-5459-1690)、ソックス2500円/ホワイトマウンテニアリング 03-6416-5381

オーセンティックなウエスタンシャツがコートのようなロング丈にデザインされたもの。動きに合わせて揺れるその姿に武骨な印象はなく、エレガントにも見えるから不思議。さて、そんな新感覚なデニムシャツはずばり、アウター代わりに取り入れてみるといい。

具体的には、インナーにパーカを合わせる。薄手のコートくらいの感覚だ。ちなみにこのシャツ、パンツポケットに手が入れやすいように側面の生地をカットしていたりと、細やかな配慮もうれしい。

 

>平山祐介(47歳)が冒険する「ワイド&ハイウエスト」のデニム はコチラから

 

谷田政史(CaNN)=写真 菊池陽之介=スタイリング TAKAI=ヘアメイク

# Gジャン# デニム# デニムコート# デニムシャツ
更に読み込む