https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-1007-3/

元祖・手ぶら派バッグがリバイバル! これが「NEOウエストバッグ」だ

このエントリーをはてなブックマークに追加

“賢いバッグ”ってのは、ただ教科書どおりで無難なカバンのこと、ではない。ちょうどいい容量に使い勝手の良さなどの機能に加え、出かけること自体が待ち遠しくなるような存在感があるもの。それさえあれば、今週も我々の休日は必ず充実するのだ。

少し前までナシだったはずなのに、巡り巡って一番旬になったウエストバッグ。いざ使ってみると、両手はあくし意外と物は入るしむちゃくちゃ便利。

腰じゃなく肩掛けで、ボディを胸の前で持つのが今どきのお約束ですヨ。


HUNTING WORLD ハンティング・ワールド

バッグH19×W29×D12cm 6万2000円/ハンティング・ワールド 帝国ホテル店 03-3501-7080、ジャケット7万6000円/ビズビム(F.I.L. TOKYO 03-5725-9568)、カットソー7800円/ピルグリム サーフ+サプライ 03-5459-1690、パンツ2万2000円、スニーカー5万2000円/ともにノンネイティブ(ベンダー 03-6452-3072)

ファッションデザイナー相澤陽介さんがクリエイティブディレクターとなり、目が離せないハンティング・ワールドを象徴する、ネイティブ柄のテープを配した、「オールストンウーテ」コレクションのウエストバッグ。「アドベンチャー」や「サファリ」といったキーワードを巧みに都会的に落とし込んだ。


FURLA フルラ

H12.5×W30×D5cm 3万9000円/フルラ ジャパン 0120-951-673

キルティングナイロンのボディに、大きなシリコン製のロゴ入りジッププルが映える「ユリッセレーシングベルトバッグ」。天地の幅を抑えた独特の形でスマートに背負えるフォトジェニックな逸品だ。


BAGJACK バッグジャック

H16.5×W30.5×D8.5cm 2万7000円/エストネーション 03-5159-7800

プロのメッセンジャー御用達ブランドの人気モデル。発色の良いイエローのコーデュラナイロンは、頑丈ながら重たく見えないのがいい。フラップ開閉時の操作性を高めるスライド式ロックも使い勝手のいいディテールだ。


BRIEFING ブリーフィング

H20×W41cm 1万3000円/ブリーフィング ギンザ シックス 03-6263-9888

帆布としても使われる軽量で耐久性に優れた防水素材「X-PAC」を使った「ファニーパックXP」。楕円に近い独特の形状のボディは容量が大きく、背面がメッシュ素材でムレにくいのもポイント。


CHUMS チャムス

H16×W28.5×D7.5cm 5800円/チャムス表参道店 03-6418-4834

コーディネイトに取り入れやすい、少しくすんだ迷彩柄。ボディのボトムにスエードで補強を施した信頼感あるデザインだ。主荷室内にはメッシュポケット付き。カジュアルプライスで飽きずに使えるバッグの典型であります。


HUGEL ヒューゲル

H14×W27×D6.5cm 1万1500円/RHC ロンハーマン 045-319-6700

背面にはクッションが効いたしっかりとしたボディに3室の収納を設けた、シンプルなルックスと機能性を兼ね備えたプロダクト。フィット感も高くストレスフリーな使い心地で、落ち着いたブルーはコーディネイトの挿し色にも。


NEOウエストバッグの中には…


その他の“賢いバッグ”はこちら

>オトコのバッグの新潮流・キューブクラッチが“ちょうどいい”

>6つのハイブランドが魅せる、いい休日を約束する「賢いバッグ」。

>ハイブランドが誇る“賢いショルダーバッグ”で一段上の休日を

>大の大人を抜群にキュートにする、小回りの利くミニポーチ

>鍛えているヤツが得する!? 精悍さへの道へと続く秘密の扉を持つバッグ

>旅の達人ファミリーは全員持っている!? そんな頼もしいキャリーたち


芹澤信次=写真(人物) 竹内一将(STUH)=写真(静物) 石黒亮一=スタイリング yoboon(coccina)=ヘアメイク 押条良太(押条事務所)=文 今野 壘=編集・文

このエントリーをはてなブックマークに追加
トゥミ「タホ」コレクションより、余計な凹凸のないミニマルなシェイプが印象的な「ロックウェル」
ビジネスシーンで、旅先で。「トゥミ」が男の本能を刺激する
2019.03.26
春服にバッグ、キャンプギアまで。暖かい陽気を味方にする「オーシャンズ」最新号発売!
2019.03.25
200個限定! 自分色にカスタマイズできるグレゴリーのサコッシュ
2019.03.19 / NEWS
週末の楽しいがグングン加速する「パタゴニア」のバッグに新シリーズ!
2019.03.09
どっぷり、たっぷり浸るデニム愛。
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12