https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-1001-4/

6つのハイブランドが魅せる、いい休日を約束する「賢いバッグ」。

このエントリーをはてなブックマークに追加

“賢いバッグ”ってのは、ただ教科書どおりで無難なカバンのこと、ではない。ちょうどいい容量に使い勝手の良さなどの機能に加え、出かけること自体が待ち遠しくなるような存在感があるもの。それさえあれば、今週も我々の休日は必ず充実するのだ。

お出かけの“相棒”とも言うべきバッグ。洗練されたハイブランドのものなら足取りも誇らしくなるはず。ゲットする価値は大いにアリだ。


GUCCI グッチ

スーツケースH62×W46×D25cm 43万円、パーカ17万7000円、Tシャツ3万8000円、デニム8万7000円、スニーカー12万5000円/すべてグッチ(グッチ ジャパン 0120-88-1921)

勢いあるグッチと英国のトラベルケースの代名詞によるコラボレーション。その響きだけでも魅力的だが、バッグに精通した両ブランドだけあり実力も申し分なし。グローブ・トロッター初となる4輪仕様など、一度使えば実感できる“納得”が随所に。

おなじみのヴァルカン・ファイバーに「GGパターン」をあしらい、レザーの補強を加えたそのルックスは、旅のワクワクを何倍にも増してくれること間違いなし。


LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトン

バッグH49×W49×D15cm 29万9000円、ブルゾン30万7000円、デニム6万3000円/すべてルイ・ヴィトン 0120-00-1854

ちょっとその辺まで……。そんなときにもハマるショッパー型トートバッグ。しかしながら、全体にエンボス加工を施した上質なカウハイド「モノグラム・シャドウ レザー」を使ったラグジュアリーな作り。

付属する同素材のファスナー付きポーチはフックで本体と着脱できて、実用面にもしっかりと配慮が行き届いている。とびきりの高級感をデイリーに嫌みなく取り入れるなら、こんなバッグが最適だ。


LOEWE ロエベ

男性●バッグH41.5×W36×D4.5cm 21万円、ニット参考商品、デニム7万9000円、靴9万円、女性●バッグ19万1000円、ワンピース29万7000円[仕様変更あり]、スニーカー参考商品/すべてロエベ(ロエベ ジャパン 03-6215-6116)

アワードジャケットのようなワッペンであしらったアーチ型のブランドネームにサテンとスエードで切り替えたボディ、スニーカーみたいなレースアップのアクセント。コンサバになりがちなトートも、スポーティな要素がちりばめられると、とびきりのファッションピースになるから面白い。

シンプルな服装に持つだけで、センスのいいスタイルが完成する。週末のユニフォームとしては打ってつけなのだ。


EMPORIO ARMANI エンポリオ アルマーニ

バッグH52×W65×D1cm 12万8000円、カーディガン8万1000円、パンツ8万8000円、スニーカー4万円/すべてエンポリオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070)

大人の旅支度の必需品ながら、いつだって控えめな存在だったガーメントケース。そこに主役の存在感が備わった。極上のベルベット素材とカーフレザーのハンドルで仕立て、「EXCLUSIVE」のプレートで、とびきり華やかな見た目に。登板回数は多くないかもしれないが、ここぞというときや、出張族諸君にとって最高にイバれるグッドプロダクトといえるだろう。


BERLUTI ベルルッティ

バッグH37×W41×D12cm 21万7000円、パーカ33万9000円、スニーカー14万円/すべてベルルッティ 0120-203-718、パンツは私物

お家芸の「ヴェネツィアレザー」とナイロンのコンビトート「デュオ」。象徴的グラフィックの「スクリット」をレザーではなく、ナイロンに配しているのが新鮮。主張のあるジッププルや止水ジップ使いがスポーティな印象を強める。付属のストラップを使ってショルダーバッグにもなる2-WAYモデルなのも特徴。歴史の重みとモダンデザインの軽やかさ、その絶妙なバランスが力の抜けた装いに品格を添える。


DUNHILL ダンヒル

バッグH54×W43×D8cm 13万3000円、デニムシャツ4万6000円、ニット5万9000円、サングラス8万円、デニムパンツ参考商品/すべてダンヒル 03-4335-1755

クラシックなレーシングカーの内装から着想を得た、赤と青の印象的なテープ使いが施されたデザインのハンドルバッグ。軽量なナイロン素材の仕立てと小旅行にも活躍してくれそうな容量が、幅広いシーンでの活躍を約束してくれる。

「紳士のブランド」たる格式の高さがありながら、こんなにポップなデザインでファンクショナルなアイテムを作るあたりがエラい!


芹澤信次=写真(人物) 石黒亮一=スタイリング yoboon(coccina)=ヘアメイク

このエントリーをはてなブックマークに追加
3月29日公開『ダンボ』をロエベが世界最高峰のレザークラフトで表現
2019.03.21
スーパーブランドがスニーカーを手掛ければ絶対に面白くなる証拠
2019.03.04
ルイ・ヴィトン初のイヤホンは、いい音、以上に気分がいい!
2019.01.25 / NEWS
ルイ・ヴィトンが宇宙に見たロマン。コスモな最新コレクションが秀逸
2018.12.17
どっぷり、たっぷり浸るデニム愛。
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05