2018.09.25
FASHION

「働く服」改革で今日から俺も、ビジネスバッグをカジュアル化

仕事着の許容範囲が広まり、スニーカー通勤が推奨されるようにまでなった昨今。働き方改革と同時に進むは「働く服改革」で、こちらの特集でもオススメしたとおり。その波はバッグ業界にも当然押し寄せている。

利便性とユニークさを併せ持つバッグを見れば、転換期の訪れをひしひしと感じるはずだ。

 

例えば「ブリーフィング」

ペッタンコで邪魔にならない!? H51.5×W46×D6cm 4万円/ブリーフィング ギンザ SIX店 03-6263-9888

ブランド初となる薄マチに仕上げたバックパックは、朝の満員電車でも邪魔にならないスリム感が特徴。ノートPCに書類など、必要最低限の荷物を持ち運ぶにはコレで十分だ。

 

例えば「トゥミ」

マジメなトゥミにまさかのスタッズ!? H37×W43×D14cm 7万7000円/伊勢丹新宿店 03-3352-1111

 

ビジネス色の強い、あのトゥミの定番「アルファシリーズ」がスタッズを打ち込んでロックな姿に!? こちらはイセタンメンズ15周年を記念したアイテム。メインコンパートメントの拡張機能や、傘やペットボトルなどを収納するポケットなど実用性の高さは折り紙付き。

 

例えば「ポータークラシック」

H40×W30×D11.5cm 3万7037円/ポータークラシック 銀座 03-3571-0099
カバンの重さを解放する工夫が!?

寝具を扱う昭和西川と開発したシリーズ「ニュートン」のビジネスリュックは、ストラップ部分に同社の敷ふとん「muatsu(ムアツ)」の素材を採用することで、荷物を軽く感じられる優れものだ。

 

清水健吾=写真 柴山陽平=スタイリング

# トゥミ# ビジネスバッグ# ブリーフィング# ポータークラシック
更に読み込む