https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-0924-4/

え。これもスニーカー!? どこまで続くんだろう、スニーカーの進化

このエントリーをはてなブックマークに追加

日進月歩ですさまじい進化を遂げるスニーカー。さまざまなブランドから今季も登場する画期的なモデルを見ると、10年後はどんな進化を? と待ち遠しい。


「テバ」のスニーカー

1万9000円/デッカーズジャパン 0120-710-844

“スポサン”の代名詞、テバからは、ミドルカットのチャッカタイプが登場。肌なじみのいい撥水スエードとネオプレン素材を採用したミックス感のあるアッパー。そこに面テープが配された姿は、どこかフューチャリスティックなアウトドア!?


「コール ハーン」のスニーカー

4万7000円/コール ハーン ジャパン 0120-56-0979

独自技術「ゼログランド」が初登場から4年を経て、さらなるアップデートを遂げた。“次世代のシューズ”と謳う、その名も「3.ゼログランド」は、ソールとインソールが一体化し、今まで以上に柔軟性とフィット感に優れている。


「ロックポート」のスニーカー

2万4000円/ロックポートジャパン 0120-696-916

インソールに内蔵されたドーム構造の「EVAシャーシ」なるパーツが軽やかな歩行を助ける「レッツウォークシリーズ」の一足。抗菌・防臭性にも優れるので、脱いだときの心配もナシ!

スニーカーの進化はどこまで続くのか。こうした新作を見ていると、改めてスニーカーのとめどないポテンシャルを感じずにはいられない。だから、大人になってもスニーカーへの愛着は薄れることがないんだな。


清水健吾=写真 柴山陽平=スタイリング

このエントリーをはてなブックマークに追加
“ついつい”履いてしまう。そんなワケありなスニーカーがありまして。
2017.11.24
’90年代に青春を過ごしたスニーカー世代ならわかる「この感じ」
2018.02.13
NB? ナイキ? ヴァンズ? 俺ウケも子ウケもするスニーカーの1位は?
2018.02.11
あの2大定番スニーカーが人気の理由は、「目立ちすぎず、落ち着きすぎもせず」
2017.09.24
エアマックス、NB996など“ド定番”4足の進化に注目してみる
2017.03.12
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05