https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-0914-3/

三浦理志が案内する、地元・湘南のいい店、いいモノ、いい食いもん

このエントリーをはてなブックマークに追加

オーシャンズの看板モデル、マーシーこと三浦理志さんは、生まれも育ちも湘南という生粋の“湘南ローカル”。そんな彼が休日、頻繁に足を運ぶのが、約280ものショップが集結した地元のオアシス「テラスモール湘南」だ。

以前、ここで「海を感じる気持ちいい服」を揃えたマーシーだが、今回はこの秋に使えるアイテムを求めてモール内を散策。実際によく“偵察”に訪れるというお気に入りの7店を見て回った。

上のムービーを見る限りその様子は実に楽しそうだが、実際にマーシーはどんなアイテムをチェックしたのか? 彼の推薦ショップと、そこで見つけた一品を見ていこう。

推薦ショップ① ビームス
Tシャツに羽織りたいチェックシャツ

品揃えの充実度なら湘南随一のビームス。マーシーも、テラスモール湘南に来たら必ず立ち寄るというこちらでは、レトロ加工に定評のあるアメカジブランド「レミ レリーフ」別注のチェックシャツを試着した。

「柔らかな素材が気持ちいいね! 青×ピンク×グレーがTシャツの上から羽織ってもいい感じ」とマーシー。洗いをかけた風合いとフェードした発色は、説明不要で日焼けした肌にもぴったりだ。
シャツ2万1800円/レミ レリーフ×ビームス プラス(ビームス 辻堂 0466-38-6175)



推薦ショップ② ブリーフィング
アウトドア遊びに連れ出したい2-WAYバッグ

海好きの湘南ローカルは「山にもよく出かける」。キャンプやトレッキング、クライミングなどにも、数人でワイワイ行くことが多い。ブリーフィングで見つけたのは、そんなときのメインバッグにしたい2-WAYタイプだ。

ぱっと見は小ぶりなのに実は大容量。防水素材の「X-PAC」を使っているので、水に強いのはもちろん、摩擦や引き裂きにも強い。「海にも山にも、あらゆるアウトドアに使えそう。一泊分の荷物を入れるのに丁度いいから週末旅行にも……」と、妄想は膨らむばかり。登板の機会は多そうだ。
バッグH44×W30×D19cm 2万4000円/フリーフィング(ブリーフィング テラスモール湘南店 0466-52-6388)


推薦ショップ③ TCG
デニムにも海にも似合うキャップ

休日は髪型を整えるのが面倒なので「キャップをよく被る」というマーシー。たまたま出合ったパタゴニアのロゴキャップは、デニムや海の青に映えるブラウンがベース。クラシックな6枚ハギで被りも深く、子供っぽく見えないのがいい。

南米大陸のフィッツロイ山脈をモチーフしたおなじみのロゴは、自然を愛する湘南ローカルにとっても「鉄板です」。
キャップ4200円/パタゴニア(TCGテラスモール湘南店 0466-53-7998)


推薦ショップ④ チャンピオン
初めて見つけた黒いリバースウィーブ

続いてマーシーの目に止まったのは、「何枚あっても困らない」というチャンピオンのスウェット。

サーフィンに限らず、散歩やランニングも海の周りが基本のマーシー。だから、動きやすくて汗や湿気を吸ってくれる厚手のリバースウィーブは「なくてはならない相棒」だ。

しかもそこにあったのはブラックの「リバースウィーブ 10oz フレンチテリー」シリーズ。「黒いリバースウィーブがあるなんて知らなかった! 新作なんだって。着込んだようなフェイド感が味わいたっぷり。いきなりこなれ感出せますね」。
パーカ各8900円、クルーネック各7900円、パンツ各7900円/チャンピオン(チャンピオン テラスモール湘南店 0466-86-7072)

このエントリーをはてなブックマークに追加
海カジの絶対条件「いつでもリラックス」を叶えるマストアイテムを探せ!
2019.02.23 / 湘南直送・マーシー直伝 海カジ・レシピ
「春の海カジはボトムスから」と言うマーシーが向かった先と買ったモノ
2019.02.23 / 湘南直送・マーシー直伝 海カジ・レシピ
マーシーがハワイを100%楽しむために用意した便利グッズ集
2018.07.25
マーシーがハワイを100%楽しむために用意した服&スキンケアグッズ
2018.07.24
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12