次の週末スタイルが必ず輝く、大人の“スポカジ”ガイド Vol.4
2018.09.06
FASHION

「運動会のお父さん」にならない、大人に味方するトラックパンツ

晩夏〜初秋に使えるコーディネイトテクニック、Tシャツ+トラックパンツ=“スポカジ”の方程式は前回のとおり。でも、それをそのままはいたら「運動会のお父さん」になりゃしないか?

ということで、大人に人気の5つのブランドから、 いかにもスポーツマンに見えないトラックパンツをピックアップ!

 

①「トミー ヒルフィガー」のトラックパンツ

1万9000円/PVHジャパン 0120-266-416

オールドスクール感たっぷりなベロア素材。裾幅が細い美シルエットで、汎用性も申し分なし。いつものスウェットパンツだと思ってはいてみて。

 

②「サスクワァッチファブリックス」のトラックパンツ

3万6000円/ドワグラフ www.sasquatchfabrix.com

ふくらはぎにリフレクターのパイピングを施したり、裾は面ファスナーでシルエットが変えられたりと、東京ブランドらしい遊び心が。

 

③「サウス2 ウエスト8」のトラックパンツ

1万5000円/サウス2 ウエスト8 011-280-7577

このブランドらしいアーシーな色使いに、ナローなサイドラインがスマートさを添えてくれる。ヒップにはジップポケット付き。

 

④「カルバン・クライン ジーンズ」のトラックパンツ

1万5800円/カルバン・クライン 0120-657-889

ネイビー×ライトブルーという同系色の配色がハイセンス。トップスを選ばずはけて、なかでも白Tとの相性の良さは特筆もの。

 

⑤「ステューシー」のトラックパンツ

1万6800円/ステューシー ジャパン 0548-22-7366

OC世代の青春たるストリートの雄。そんな憧憬を思い起こさせるようなレトロな色合いの赤と、さりげないロゴに感涙です。

 

竹内一将(STUH)=写真 星 光彦=スタイリング 今野 壘=編集・文

# スポカジ# トラックパンツ
更に読み込む