https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-0817-6/

デニム好きが黙っちゃいない、リーバイスのキッズライン復活!

このエントリーをはてなブックマークに追加

リーバイスがなんと、キッズラインを復活!

かつては生産されていたキッズライン、諸事情によりしばらく休止していたのだが、8月1日よりZOZOTOWNにて先行発売している。

デニムラバーとしては我が子にもぜひリーバイスを着させたい!と考えるも、ヴィンテージ市場などでときどき見つけるそれは思った以上の高値で腰が引けてしまっていた子供用リーバイス。それがオフィシャルで、いつでも手軽に手に入れられるのだからうれしいじゃないか。

注目すべきファーストコレクションは501 スキニー、トラッカージャケット、ロゴTシャツなど、定番コレクションから展開スタート。

「501スキニー」5900円、「トラッカージャケット」5900円/ともにリーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501

“耳たこ”を承知で解説させていただければ「501 スキニー」は元祖デニム501のアイデンティティを受け継ぎつつスキニーシルエットに仕立てたもの。2017年にローンチされるなり我々オッサンを夢中にさせたモデルだ。

「バットウィングTシャツ」2700円/リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501
「トラッカージャケット」5900円、「511™ パフォーマンス」4400円/ともにリーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501

そして、アイコンのバットウィングをプリントしたTシャツ。まさに、鉄壁。

キッズ(4〜7歳)、ジュニア(7歳〜)をラインナップしたキッズコレクションはいずれも言わずと知れた名作ばかりだから、我が子のファースト・リーバイスにもってこい、というわけだ。

なによりデニムを愛してやまないオッサンにとって、親子でリーバイスってのはたまらないよね。


[問い合わせ先]
リーバイ・ストラウス ジャパン
0120-099-501

竹川 圭=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
進化したリプレイのデニムはどれだけ“ハイパー”になったのか
2019.03.22
スニーカーに続き「ダッドデニム」ブームか? ヤヌークのデニム最前線
2019.03.21
いい状態で「ずっと着てほしい」。その一念が生んだデニムとスウェットのスゴみ
2019.03.18
ケツが大きい体育会系オッサンに味方するヌーディージーンズの最新デニム
2019.03.17
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05