2018.07.30
FASHION

日本の粋な伝統文化を、Tシャツと革財布を通じて再確認

昔からの洋モノ好きは変わらないけれど、年齢を重ねるうちに日本の伝統文化の素晴らしさも再認識。

そんな感性を持つ男たちに薦めたいふたつのネオジャパニーズをご紹介。

 

粋な男の浮洋絵クリエイション

9000円/デンハム(デンハム・ジャパン 03-3496-1086)

「エンドレスサマー」をシーズンテーマに掲げたデンハムからは、ブランドアイコンのハサミを北斎タッチのビッグウェーブで表現したTシャツを。

あの波をパーツとしてデザインに取り込むセンスが秀逸だ。現代的な解釈で描かれたこんな浮“洋”絵を日常に取り込んで、等身大の“粋”を楽しもうじゃないか。

 

ピン札のままでいられる2つ折り財布の正体

H9×W10.5×D3㎝ 各2万6000円/キジ(ブルーム&ブランチ青山 03-6892-2014)

長財布はパンツの尻ポケからハミ出て落としやすく不用心。でも休日くらいはバッグを持たずに手ぶらでいたい。やっぱり財布はふたつ折りだよな、という人にオススメしたい、ちょっとうれしい逸品がこちら。

日本のモノ作りや所作といった伝統文化を大切にするブランド、キジのレザーウォレットである。

札入れ部分に空間が生まれるよう、一般的なものよりも外側のレザーを長くデザインすることで、紙幣に折り目がつかないように配慮されているのだ。

ふたつ折り財布でもピン札を保っていられるなんて、なんとも粋な心使いじゃないか。

 

世界でも注目されている日本の伝統とモノ作り。これまで触れてこなかった人こそ、こんな身近なアイテムを通してなら手に取りやすいのでは?

 

清水健吾=写真

# Tシャツ# ウォレット# ジャパントラッド# ジャパンメイド
更に読み込む