2018.07.30
FASHION

グッチの“蝶”欲しいキャップと、ムレ知らずのメッシュキャップの魅力

コーディネイトの味付けや日除け、髪型のセットが面倒なとき……などなど、何かと頼りになる被り物。今年の夏はこんなキャップでキメてみてはどう?

 

「グッチ」のキャップ

各4万7000円/グッチ ジャパン 0120-88-1921

トレンドに大きな革命を起こしたグッチのクリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレ。あんなにも猛威を振るったノームコアを窮地へと追いやり、ファッションに彩りを復活させた張本人だ。

そんな彼のワードローブのひとつがニューヨーク・ヤンキースのキャップ。それにバタフライのパッチを施しリリースされたのがこちらだ。

思えば、NYのアンダーグラウンドテーラー、ダッパー・ダンとのコラボに始まり、プレッピーテイスト満載な昨今のグッチはアメカジの調理にも長けている。

ゆえに我々も無視できないわけだが、これがMLBとのオフィシャルコラボと聞いてまたビックリ。サイドに入った刺繍ともども、“蝶”欲しいヤツに認定!

 

「ラフアンドラゲッド」「ブルコ」のキャップ

夏のキャップは頭皮が蒸れやすくし、ニオイや痒み、抜け毛の原因に……。しかしオールメッシュなら風通し抜群で涼しく、見た目も爽快!

普通のメッシュキャップとはひと味違う、軽妙なアイキャッチとしてもひと役買うはずだ。

各7000円/ラフアンドラゲッド(ヘンリーハウズ 03-6804-2976)

ジョギング用などに見られる、スポーティなソフトメッシュが使われたジェットキャップ。

各3800円/ブルコ 0470-62-5601

リアルなワークスタイルを標榜する日本ブランド。額など肌に触れる内側にはソフトタッチ&吸汗に富むパイル生地を採用してさらに優しく。

 

清水健吾=写真

# アレッサンドロ・ミケーレ# キャップ# グッチ# ブルコ# ラフアンドラゲッド
更に読み込む