【保存版】オーシャンズが徹底調査。僕らが海を目指す理由 Vol.32
2018.06.19
FASHION

潮風や太陽からカラダを護る、夏の海でサッと羽織りたいトップス

袖を通すと、なんだか無性に海へと向かいたくなる。そんな海とヒトとの距離をグッと縮めてくれる夏服の数々を、OC的な海男像をノンフィクションで体現する本誌看板モデルのひとり、“マーシー”こと三浦理志が着こなす。

今回は、意外に体力を奪っていく夏の風や日差しから身を守るアウターや、サッと羽織れるトップスをセレクト。
海に近しい人、そうでない人も、さぁ、みんな集合だ。

 
ブルゾン1万3000円/ヘリーハンセン(ヘリーハンセン原宿店 03-6418-9669)、Tシャツ1万6500円/ノンネイティブ フォー ピルグリム サーフ+サプライ(ピルグリム サーフ+サプライ 03-5459-1690)、ショーツ1万8000円/キャプテン サンシャイン 03-5793-8588、サンダル8800円/テバ(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893)

オーシャンズが紹介する“海を感じる服”といって、サーフなアイテムをイメージしたアナタ、残念。こちらは「水とともに生きる」をモットーに、世界中のセイラーから愛されるブランドのヨットパーカである。

今から夏だってのにアウターなんて季節外れだと思うけど、かといってインドアな冷房対策でもない。そう、海に近しいヤツなら察しのとおり、潮風は想像以上に体力を奪うから、こういう一着が心底ありがたい。しかも船乗りの信号旗をモチーフにした配色だけあって、洋上によく映えるのだ。

 
ジャケット2万3000円/ネサーンス(レイク・タホ 03-5708-5757)、Tシャツ7000円/トニーアルバ(タイズサン 03-6447-1655)、ショーツ1万円/ロアーク リバイバル(ファイブ トウキョウ 03-6451-0456)、サングラス3万8000円/アヤメ 03-6455-1103

カモ柄は俺たち男の大好物だけれど、そこから海を思い浮かべる人は皆無かも。でもこのシャツジャケットは、薄手で軽やかな生地といい、ゆったりしたリラックスシルエットといい、肌寒い朝夕の浜辺や潮風よけに羽織ると抜群に調子が良さそう。

そして、“ベニスビーチの悪童”ことハードコアサーファーと知られるトニー・アルバのブランドと“東京の悪ガキ”的大人サーファーのブランドが手を組んだ、インナーのTシャツもお見逃しなく。

 

シャツ2万3000円/ピッグ&ルースター 03-6432-9645、Tシャツ5500円/アッセンブリーレーベル(ジャック・オブ・オール・トレーズ 03-3401-5001)、ショーツ1万2800円/ステューシー(ステューシー ジャパン 0548-22-7366)、サンダル4800円/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス 原宿店 03-5466-9278)、サングラス2万2000円/アイヴォル(アイヴォル トウキョウ ストア 03-6427-3677)

ハワイとカリフォルニアでの生活経験があるディレクターが手掛ける東京ブランドの服は、どうしたって海の薫りがする。パイナップル柄を刺繍したブルゾンとシャツを掛け合わせたようなデザインのトップスは、着るより、軽く羽織る、という言葉が似合うのだ。

 
三浦理志
みうらまさし●湘南で育ち、そして現在も湘南暮らし。キャリア30年以上のサーフィンの腕前はプロ級で、ちょっと長期休暇がとれると(強引にスケジュールを空けて!?)すかさず国内外へサーフトリップする生粋の海男。
 

河津達成(S-14)=写真 荒木大輔=スタイリング
吉田太郎=ヘアメイク いくら直幸=文
ヒップマート=ヨットチャーター
リビエラ シーボニアマリーナ=撮影協力

# アウター# トップス# 海を感じる服2018
更に読み込む