【保存版】オーシャンズが徹底調査。僕らが海を目指す理由 Vol.46
2018.06.17
FASHION

エルメス、カルティエ……憧れのブランドの美しきブレスレットの世界

シンプルなのに存在感がある。誰もが知るスーパーブランドの逸品は、上質と洗練を極め、独創性に溢れている。手首を飾るブレスレットで周りと“差”をつけてみては?

CARTIER(カルティエ)
ビスデザインで表現されたパートナーとの強い絆

上●87万2500円、中●92万5000円、下●87万2500円/すべてカルティエ(カルティエ カスタマー サービスセンター 0120-301-757)

上からK18YG、WG、PGのソリッドな形状のバンドに、ダイヤモンドとビスデザインをあしらったブレスレット。この「LOVE」コレクションは、カルティエの定番ジェエリーのひとつである。

「愛する人の手首をお互いにロックアップする」というコンセプトは、1970年の発売以来ずっと変わっていない。このコンセプトは単なる言葉ではなく、専用ドライバーを使わない限りブレスレットを外すことができないというから、まさに不変の愛の証し。

シンプルさのなかにパートナーとの深いつながりを表現しているのだ。このジュエリーに見た目以上の強さを感じるのは、そんなエピソードがあるからなのかもしれない。

 

PIAGET(ピアジェ)
手元に遊び心を添える“動き”のあるバングル

65万円/ピアジェ(ピアジェ コンタクトセンター 0120-73-1874)

K18WGのバングルの両端にあしらわれたダイヤモンド。この部分がクルクルと回るのが、「ポセション」コレクションの最大の特徴だ。身に着けた人にだけわかる遊び心。こういう洒脱なユーモアこそ、僕らの夏のアクセサリーに「欲しい」要素だと思う。

ヨーロッパ屈指のジュエラーとして知られるピアジェだが、もともとは高級時計の工房としてスタートした歴史がある。もしかしたらそんなメゾンのDNAが、ジュエリーに“動き”を与えたのかもしれない。

 

HERMÈS(エルメス)
自らのアイコンデザインを美しいアクセサリーに昇華

上●7万2000円、下●8万4000円/ともにエルメスジャポン 03-3569-3300

上のブレスレット「ジェット」は、同名のバッグのクラスプ(留め具)に着想を得たもの。素材はつや消し仕上げのパラジウムで、メゾンのイニシャル「H」がさりげなくデザインされている。

下の「リプレイ」は、エルメスのアイコンとして有名な「シェーヌ・ダンクル(アンカーチェーン=錨の鎖の意味)」を、ソリッドな形状にアップデートしたデザインだ。ステンレススチールと黒いPVDコーティングの組み合わせが、どこかインダストリアルでグラフィカルな印象を与える。

長きにわたり培ってきたデザインを大切にしながら、新たなクリエイティブに挑戦する。そのモノ作りの姿勢がいつも我々の心を動かすのだ。

 

清水健吾=写真 石黒亮一=スタイリング

# エルメス# サマージュエリー# ブレスレット
更に読み込む