【保存版】オーシャンズが徹底調査。僕らが海を目指す理由 Vol.30
2018.06.15
FASHION

サーフショーツだけじゃない! マーシーが着こなす、海を感じるショーツ

袖を通すと、なんだか無性に海へと向かいたくなる。そんな海とヒトとの距離をグッと縮めてくれる夏服の数々を、OC的な海男像をノンフィクションで体現する本誌看板モデルのひとり、“マーシー”こと三浦理志が着こなす。

今回は、夏の必須アイテム・ショートパンツをセレクト。
海に近しい人、そうでない人も、さぁ、みんな集合だ。 

ショーツ1万6000円/サタデーズ ニューヨーク シティ 03-5459-5033、ブルゾン4万5000円/サヴィー(スリー 03-6434-0920)、ハット4500円/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893)

ボードショーツが役立つのはサーフィンか海水浴くらい。だから日常には縁遠いもので、普段ばきするなんて不届き千万。だったけれど、ここ何年かで街のファッションにもすっかり浸透した。海と都市とをつなぎ、その画期的なスタイルを提唱したサタデーズの功績は偉大であり、それに賛同して推し進め続けたOCもまた、その一助になったと自負するのは手前ミソですかね。

 
ショーツ7800円/グラミチ(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893)、カットソー1万円/エーアイイー(ネペンテス 03-3400-7227)、サンダル1万2000円/スタンダード カリフォルニア 03-3770-5733

定番のクライミングショーツが、ブライトカラーのナイロン素材でオーシャン仕様に。出自である山はもちろん、街での活躍も間違いないことは説明不要だろう。つまり、夏のすべてのシーンで使えるヤツなのだよ。

 
カットソー1万円/キャプテン サンシャイン 03-5793-8588、ショーツ7000円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ 0120-6453-77)、靴3万8000円/アトランティック ワークス(ビームス 原宿 03-3470-3947)、キャップ5800円/ピッグ&ルースター 03-6432-9645、ポーチ1万円/グッドオル(ジャーナル スタンダード 表参道 03-6418-7961)

上でナイロンショーツに触れたが、海に似合う短パンはそれだけじゃない。例えば、通気性のいいメッシュ素材のバスケショーツも案外イケるのだ。そして白いロンT。海軍の夏服や正装がおしなべて白なのは、甲板から望む雲に由来するとか、直射日光や潮風を受け続けても退色しにくいとか、日差しの暑さを和らげるためとか言われるとおり、白は夏の海にもってこいの色。覚えておいて損はナシ。

 
三浦理志
みうらまさし●湘南で育ち、そして現在も湘南暮らし。キャリア30年以上のサーフィンの腕前はプロ級で、ちょっと長期休暇がとれると(強引にスケジュールを空けて!?)すかさず国内外へサーフトリップする生粋の海男。
 

河津達成(S-14)=写真 荒木大輔=スタイリング
吉田太郎=ヘアメイク
ヒップマート=ヨットチャーター
リビエラ シーボニアマリーナ=撮影協力

# ショーツ# ショートパンツ# 海を感じる服2018
更に読み込む