オレが楽しいと、家族も楽しい! -O父CHANS特別篇- Vol.12
2018.06.11
FASHION
PR

“いい感じ”な親子10組が語る、理想の関係と夏に必要な10の服

【父の日特別企画】街角30人「父(パパ)ラッチ」
今年も6月17日(日)に迎える父の日に向けて、 街角のオトーチャンたちを緊急パパラッチ。 彼らから父親の本音を聞き出す短期集中企画。
コスパに優れる服が揃うGU(ジーユー) のアイテムとオトーチャンの、いい関係とは何なのか。最終回は「 “いい感じ”な親子が語る理想の関係と必要な服」。

>第1回:贈られたいのはコレ! GUが叶える十人十色の「父の日」幸服論
>第2回:GUを知り尽くした“身内”が証言! 父の日向け“Good Use”な10アイテム

子供と一緒にいるとき、「お洒落だね」よりも「雰囲気いいね」と言われたほうが、どこか気分がアガる。自分たちの良好関係まで感じてもらえたようで。そんなオトーチャンの気持ち、わかるよね?

では、実際に街角で見つけた「いい感じ」な親子は、どんな目線でファッションを楽しんでいるのだろうか。定番とトレンドをバランスよく融合させたGUのアイテムを使い、10組の親子に披露してもらったコーディネイトに、「いい感じ」を作る10のヒントと10のワードローブを教えてもらった。

2018gu_tu_vol3
ヒント①黒でまとめて見せる、頼れる父親としての落ち着き
ヒント①黒でまとめて見せる、頼れる父親としての落ち着き
三浦竜介さん(46歳)、ユイちゃん(5歳)/会社経営/178cm●黒の上下で合わせたコーディネイトの三浦さん。「夏は特に、子供は明るい色のラフな服が多いので、子供と一緒のときは自分はダークトーンでまとめて落ち着いて見えるように心がけています。でも、全身真っ黒では暑苦しいので、ちょっとした遊びも意識して服を選んでますね」。3児の父である三浦さん、頼れるオトーチャンとして子供たちから慕われる理由は、そんな子供想いなところにもあったのか!? シャツは下を参照。パンツ1490円/GU、その他私物
ヒント②海カジ好き親子。常に半歩先行く親父の背中
ヒント②海カジ好き親子。常に半歩先行く親父の背中
松本 卓さん(39歳)、リュウキくん(7歳)/会社員/175cm●サーフィンを愛する松本さん。子供の格好も気付けば「自分と似た海っぽいものが多くなる」という。この日も、潮焼けしたようなダメージデニムのシャツをお互いにチョイス。でも、「同じ海っぽい格好だとしても、スラックスや小物などで違いを付けたいですね」という松本さんに、「じゃあバッグは僕が持つ!」とリュウキくん。父の背中を息子が追いかける、理想の父子像を見た気がした。パンツは下を参照。手に持ったシャツ1990円/GU、その他私物
ヒント③父親とは常に、娘の引き立て役である
ヒント③父親とは常に、娘の引き立て役である
内野賢一さん(38歳)、ケイトちゃん(4歳)/会社員/181cm●「パパ大好き! と抱きついてくれるのは今のうち。その間は、常に主役は娘。僕は黒子に徹します」と笑う内野さんが選んだのは、夏の定番である白のリネンブレンドシャツ。モノトーンでまとめた内野さんに、マルチカラーのワンピースのケイトちゃんがよく映える。「子供が主役なので自分はシンプルな服が基本。でも、どこかに自分らしさは感じさせたい。となると素材感とか、ちょっとした風合いにこだわれる服が都合いいんですよね」。シャツは下を参照。その他私物
ヒント④アメカジという点においては父は「師匠」となる
ヒント④アメカジという点においては父は「師匠」となる
平井史郎さん(44歳)、レイくん(2歳)/自営業/180cm●「根っからのアメカジ好きなので、子供にもアメカジ派への洗脳を(笑)」と語る平井さん。定番のスニーカーとデニムを親子で揃え、オトーチャンはトレンドカラーである茶系チェックの開襟シャツ、レイくんはワークな雰囲気のシャンブレーシャツ。なるほど、父(師匠)の愛がたっぷり注がれたレイくんのアメカジ修行は、きっとうまくいくに違いない。シャツは下を参照。その他私物
ヒント⑤いい親子であるために“悪い”父でいよう
ヒント⑤いい親子であるために“悪い”父でいよう
福田雅信さん(40歳)、コウエイくん(8歳)ケイセイくん(5歳)/会社員/176cm●アパレル関係の仕事に就く福田さんのファッションの原点はストリートにある。「スケーターとかブラックミュージックなどのカルチャーで育った世代なので、服装もどこかやんちゃな雰囲気があるものが好みです。我が子は男兄弟なので、元気でわんぱくなほうがいいと思い、自分はいい意味での“悪い”見本になれればと」。バイカーっぽいワイドボーダーのTシャツを着こなすオトーチャンをお手本に、息子ふたりも真っ直ぐ良い子に育っているようだ。Tシャツは下を参照。パンツ2490円、キッズ●赤いキャップ790円、白いTシャツ790円/すべてGU、その他私物
ヒント⑥“趣味の共有”が演出する、見た目だけじゃない「いい感じ」
ヒント⑥“趣味の共有”が演出する、見た目だけじゃない「いい感じ」
太田和人さん(39歳)、ツムギちゃん(3歳)/会社経営/180cm●「サバゲーが趣味」と語る太田さんは、父娘で外出する際もミリタリーテイストをどこかに1点、取り入れるのがこだわり。「今日はトップスはキレイめに、ボトムスで迷彩柄を取り入れました。色柄を合わせるだけのリンクコーデではない父子スタイルは、オカーチャンにはなかなかできない気がします」。いい感じな親子スタイルの一歩先を、太田さんは行っている。ポロシャツは下を参照。その他私物
ヒント⑦子供と本気で遊ぶ。街にもしっかり馴染む。その両立。
ヒント⑦子供と本気で遊ぶ。街にもしっかり馴染む。その両立。
岡本順一さん(37歳)、ニコちゃん(4歳)/会社員/179cm●「子供はいつも元気。ニコもたくさん走り回るやんちゃ娘です。だから一緒に出かけるときは、自分も負けないようにアクティブな機能と見た目の服装を心がけています」という岡本さんは、スポーツシックな装いで登場。ビッグシルエットのTシャツとスニーカーを引き締めるのは、テーパードを利かせたネイビースラックスだ。「このパンツ実はストレッチ入り。今日も負けずに走り回ってますよ!」。パンツは下を参照。キッズ●Tシャツ990円、パンツ1490円/ともにGU、その他私物
ヒント⑧子供に合わせるだけの父親になるべらず
ヒント⑧子供に合わせるだけの父親になるべらず
小山田サトルさん(50歳)、ヒカリちゃん(3歳)/会社経営/170cm●「もちろん子供には最大限の愛情を注ぎますが、“子供だけ”になってしまうとひとりの男としての魅力がなくなってしまわないかと思っていて」と話す小山田さんは、マスタードカラーのTシャツがよくお似合い。「奇をてらった服を着たいわけではないですが、親が自分の好きな色やモノをしっかり持っているほうが、子供も自分の“らしさ”を見つけやすいのでは?」。ファッションを通して伝える、父親からのメッセージ。伝わっていることは、この写真を見れば明らかだ。Tシャツは下を参照。その他私物
ヒント⑨“親子だからできること”を目一杯楽しむ
ヒント⑨“親子だからできること”を目一杯楽しむ
四條良輔さん(34歳)、リクトくん(2歳)/会社経営/173cm●2歳になる息子を抱いた四條さんは、「服は昔から好きでいろいろ着てきましたが、今は親子でのリンクコーデを楽しむことが多いです。子供ができて新たに知ったファッションの楽しみ方ですね」。気を付けているのは、さりげなさとトレンド感。「全体の色みを合わせて、サイジングで今の気分を表現しました」。親子の関係でしか楽しめないファッションを全力で楽しむ。なるほど、これこそ父親の特権かもしれない。Tシャツは下を参照。パンツ2490円/GU、その他私物
ヒント⑩動ける父親であるために設けるショーツの流儀
ヒント⑩動ける父親であるために設けるショーツの流儀
矢澤春樹さん(44歳)、ソラリちゃん(4歳)/自営業/181cm●休日の服装の大前提は、「子供と思いっきり遊べること」と、愛娘を抱き上げる矢澤さん。「夏の休日のレギュラーは断然ショーツ! でも、少年みたいにはならないように気をつけています」と、ボーダーカットソーの上に白シャツを羽織ってバランスを取っている。「Tシャツもシャツもジャケットも。上に何を合わせてもキマるショーツは特に重宝しますよね」。ショーツは下を参照。その他私物
ヒント①黒でまとめて見せる、頼れる父親としての落ち着き
ヒント②海カジ好き親子。常に半歩先行く親父の背中
ヒント③父親とは常に、娘の引き立て役である
ヒント④アメカジという点においては父は「師匠」となる
ヒント⑤いい親子であるために“悪い”父でいよう
ヒント⑥“趣味の共有”が演出する、見た目だけじゃない「いい感じ」
ヒント⑦子供と本気で遊ぶ。街にもしっかり馴染む。その両立。
ヒント⑧子供に合わせるだけの父親になるべらず
ヒント⑨“親子だからできること”を目一杯楽しむ
ヒント⑩動ける父親であるために設けるショーツの流儀

 

①三浦さんが選んだ「ドット柄のオープンカラーシャツ」

シャツ1990円/GU

「ダークトーンの服でシックにまとめるとはいえ、夏に真っ黒だと重く見えてしまうので、こんな細かなドット柄だといいですね。適度に遊びもありますし。この時季、娘の定番は短パンにTシャツ。そこに自分もTシャツだと、親子で並んだときの印象がカジュアル過ぎる気がして。この開襟シャツは適度に大人っぽさもあるので、父親の“威厳”も放ってくれるかも(笑)」。

 

 

②松本さんが選んだ「グレーのリネンブレンドトラウザー」

パンツ2490円/GU

「海辺で気持ちいいことを考えると、やっぱり見た目も着心地もリラックス感があるものがマスト。このパンツはリネンブレンドで見た目も着心地も軽く、そこは問題ありません。さらにクリース入りのスラックスタイプなのでリゾートな雰囲気も演出できます。セットアップで使えるジャケットもあるとのことなので、波乗りに行く日ではない街での“海カジ”に打ってつけなアイテム。エスパなどを合わせても良さそうですね」。

 

 

③内野さんが選んだ「白のリネンブレンドシャツ」

シャツ1490円/GU

「今日は子供と白のスニーカーで揃えたので、トップスも白のシャツにしました。このシャツはシンプルなんですが、リネン混紡で着心地もサラッと気持ち良くて、独特の生地感もいいですよね。顔をつけてくる娘も気持ち良さそう。リネンならではのシワ感が味なので、洗いざらしで着られるってのもありがたいですね」。

 

 

④平井さんが選んだ「ブラウンチェックのオープンカラーシャツ」

シャツ1990円/GU

「アメカジ好きの我が家ではデニムは基本アイテム。それを軸にいつもコーディネイトを考えていきます。今日は息子はシャンブレーシャツ、僕は“まんま同じ”にならないようチェックの開襟シャツをチョイスしました。トレンドカラーのブラウン系というのも気に入りました。薄手のコットンリネン生地だから軽くて清涼感も申し分なし。この心地良さ、アメカジ修行を始めたばかりの息子にはまだもったいないですね(笑)」。

 

 

⑤福田さんが選んだ「白×黒のボーダーTシャツ」

Tシャツ790円/GU

「普段はプリントやロゴ系のTシャツを着ることが多いのですが、このボーダーTはいいですね。ワイドな白×黒はバイカーっぽさがある一方で、モノトーンなのである程度落ち着いても見える。程良く詰まったネックも自分好みです。大人のストリートスタイルにぴったりな1枚じゃないですか?」。

 

 

⑥太田さんが選んだ「黒のポロシャツ」

ポロシャツ990円/GU

「ミリタリーテイストなカジュアルは好きなんですが、ともするとコスプレな感じになってしまうので、こういうシックなポロシャツはありがたい。シルエットも妙なアレンジを加えてなく、王道のフィッティング。生地はドライタッチな鹿の子で、子供と走り回って汗をかいてもベタつかないんです。今日みたいにボタンを全部留めて着れば、どんなミリタリーアイテムを合わせてもちゃんと“街仕様”にしてくれます」。

 

 

⑦岡本さんが選んだ「ネイビーのスラックス」

パンツ2490円/GU

「子供と出かけるときはよく動くので、服は機能性で選ぶことが多いです。このパンツはすごくよく伸びるストレッチ素材で、おまけに吸水速乾機能付き。テーパードを利かせたシルエットがハイテク系スニーカーやキャップなどスポーティな小物との相性が良く、しかも同素材のジャケットもあって着回しやすさが抜群ですね。子供と思い切り遊び回りつつ、大人としての節度も保てるパンツ。すべてのオトーチャンにオススメです」。

 

 

⑧小山田さんが選んだ「マスタードカラーのTシャツ」

Tシャツ990円/GU

「最近、定番色ばかりのスタイルに飽きてきたんですが、明るすぎる色も苦手で……そこで見つけた、このマスタードカラー。絶妙にスモーキーで落ち着きがありますよね。ドロップショルダー気味のリラックス感あるシルエットも好みです。そして裾のスリット! シンプルな夏の装いには、こうしたディテールがアクセントになる。このプライスなら複数枚手に入れて、ローテーションするのもありですね」。

 

 

⑨四條さんが選んだ「黒のビッグTシャツ」

Tシャツ990円/GU

「モノトーンが好きで、子供とふたりでの外出の際もよく着ています。子供は白ベース、自分は黒ベースでコーディネイトするとはまりやすいんですよね。トレンド感のあるビッグシルエットの黒のTシャツは“動きやすい”というメリットもある。しかも上質なコットンのサラッとした肌触りで子供を抱いていてもムレにくい。父の日にこんなのを贈ってもらえたら、今夏の休日スタイルはもう悩みなし! ですね」。

 

 

⑩矢澤さんが選んだ「コットンナイロンのショーツ」

ショーツ990円/GU

「元気な子供が飛びついてくるので、夏の休日は基本、ショーツスタイル。GUはリーズナブルなのに機能性に優れているイメージがずっとありましたが、これは機能だけじゃなくて、コットンナイロンのハリのある素材感や、レギュラーフィットの落ち着いたシルエットがシャツやジャケットにも合わせやすい。もちろんはき心地は折り紙つき。思う存分子供と遊び周るのに最高のショーツですね。子供からプレゼントされたら、筋肉痛覚悟で頑張っちゃいます(笑)」。

 

[問い合わせ]
ジーユー カスタマーセンター
0120-856-453
www.gu-japan.com/jp/ feature/men/
※価格はすべて税抜き。撮影当時の価格を表示。

山本 大=写真(人物) 高橋敬大=写真(静物) 柴山陽平=スタイリング 赤坂匡介=文

# GU# ジーユー# プレゼント# 父の日# 贈り物
更に読み込む