【保存版】オーシャンズが徹底調査。僕らが海を目指す理由 Vol.1
2018.06.05
FASHION

この夏買うべきは“海のプロ”が掛けているサングラス

男は“プロのお墨付き”が好きだ。オーシャンアスリートの信頼を得たサングラス。なんて聞いたら、オーシャンズが取り上げないわけにはいかない。

自分好みのやつを見つけて、掛けて、キミも目指せ! 海の覇者。

① SWANS スワンズ

ライフセーバー 和田賢一 着用
日本トップクラスのライフセーバーが、ビーチで使用するハーフリムタイプの「ストリックス・H」。ミラー状のフィルムをレンズ内部に一体成型しているために、砂によるミラー剥がれを起こさないというブランド独自の技術を採用している。“ビーチのプロ”が使うやつはひと味違うのだ。2万円/スワンズ 06-6783-7818

 

② GILL ギル

レガッタ 高橋洸志 着用
ギアからアパレルまでを作るセイラー御用達の英国ブランド。着用するのは、日本のレガッタ界のホープ。こちらは、全パーツを軽量にして水に浮くフローティング仕様、装着時に快適なフィッティングのラバーチップアーム、偏光レンズなど、海の男の望みをすべてかなえた傑作だ。1万2000円/フォーチュン 06-6445-2300

 

③ OAKLEY オークリー

プロサーファー 大原洋人 着用
グローバルな活躍が期待される若きプロサーファーをスポンサードするオークリー。その最新の注目作が、ブロウラインが特徴的なボストン型の「ラッチ キー」だ。テンプルのシリコンやアジアフィットのノーズパッドなど、機能面も申し分なし。2万3000円/ミラリ ジャパン 0120-009-146

 

④ EYEVOL アイヴォル

プロサーファー 脇田貴之 着用
わずか23gという軽量性や可変式ノーズパッドなどの高機能に加え、ありそうでなかった先端的なデザインがツボを突く気鋭の存在感。この夏、自伝映画も公開されるビッグウェーバーの脇田貴之選手をサポートしていると知って、さらに食指が動きますな。1万7000円/アイヴォル トウキョウ ストア 03-6427-3677

 

⑤ BLACK FLYS ブラックフライズ

プロサーファー 松岡慧斗 着用
仙台出身で世界のビッグウェーブもメイクする松岡慧斗が着用するのは、カリフォルニア・サンクレメンテ発祥のストリート系アイウェア。最新作「フライ マディソン」から、ヴィンテージ風シャンパンカラーのクリアフレームにピンクレンズのゴキゲンなやつを。1万2800円/ブラックフライズ ジャパン 03-3863-5786

鈴木泰之=写真(静物) 諸見里 司=スタイリング

# オークリー# サングラス# プロサーファー# 海を目指す必需品
更に読み込む