https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-0528-3/

贈られたいのはコレ! GUが叶える十人十色の「父の日」幸服論

このエントリーをはてなブックマークに追加
【父の日特別企画】街角30人「父(パパ)ラッチ」
今年も6月17日(日)に迎える父の日に向けて、 街角のオトーチャンたちを緊急パパラッチ。 彼らから父親の本音を聞き出す短期集中企画。
コスパに優れる服が揃うGU(ジーユー) のアイテムとオトーチャンの、いい関係とは何なのか。第1回は「 父の日に贈られたいモノって?」

「父の日に贈られてうれしいモノは?」。そう聞かれて思い浮かぶのは、シンプルで気兼ねなく使えるモノ。それが身に着けられるモノであればさらに良し。となると、休日のカジュアルスタイルに使えつつ、適度にトレンド感もある服が理想となる。そんな都合のいいアイテムが充実するのがGUなのである。

そこで、街角のお洒落なオトーチャンたちに「父の日に贈られたい服」をGUで選んでもらった。それでは十人十色の幸“服”論を聞いていこう。


①短パン以上ロングパンツ未満のクロップトパンツ

パンツ1490円/GU

夏といえばショーツ。だけど、オトーチャンにはそれが許されないシーンもあるわけで。そこで役立つのがこちら。チノ素材のクロップトパンツは裾の裏地がストライプ柄になっているので、荻野さんのようにコーディネイトのアクセントとしてロールアップしても効果的だ。テーパードのシルエットも美しい。白と青の組み合わせは夏の定番だから、ヘビロテ間違いなし。


②サマーカジュアルに効くスモーキーピンクのポロ

ポロシャツ990円/GU

何枚あっても困らないポロシャツも、贈られてうれしい服の代表だ。で、どんなモノを? と思ったら、組み合わせの選択肢を広げてくれるような色だとありがたい。こんなスモーキーなピンクなら、関さんが選んだターコイズブルーのショーツにもマッチ。しかもコイツは、さらっとした着心地の「ドライポロシャツ」だから猛暑も快適。豊富なカラバリから“追加”も検討したくなる。


③Tシャツ姿を一気に今っぽくするビッグシルエット

Tシャツ990円/GU

白Tにデニム。長年付き合ってきた夏の定番スタイルも、Tシャツのシルエットを変えるだけでフレッシュな印象に。身幅に余裕を持たせたボックスシルエットの1枚は肉厚な生地感で、それだけで“いい感じ”を演出。白倉さんのように腕時計やサングラスなどの小物でアクセントを加えれば、印象はいかようにも変えられる。


④トレンドアイテムなら徹底的にトレンドを盛り込んで

シャツ1990円/GU

流行の開襟シャツに二の足を踏んでいる人、こんなのどうですか? リネンをブレンドした薄手のコットン地は風をはらんで表情豊かで、ビッグシルエットに設計されているから、普通に着るだけで今っぽく仕上がるのだ。菅原さんが選んだのは、これまたトレンドのブラウン系チェック。これだけトレンドを押さえていれば、夏のシンプルスタイルは問答無用に今っぽく仕上がるのだ。


⑤リラックス感ときっちり感のバランサー的スラックス

パンツ2490円/GU

それなりのキッチリ感は必要。だけどこれからの季節、リラックス感も欠かせない。こちらのスラックスは、リネン混素材で清涼だしウエストにはドローコードも付いてゴム入り。文句なしの快適さで我々を迎えてくれる。しかも合わせる色を選ばないネイビーで、セットアップで使えるジャケットもあるというから、その汎用性は間違いなしだ。


⑥1枚あれば超便利! シャツ感覚なジャケット

ジャケット4990円/GU

360度ストレッチの吸水速乾素材を使用したジャケットは、シャツ気分で羽織れる軽さも魅力。ON/OFF問わずジャケットが必要なシーンに打ってつけの逸品だ。また、シワもつきにくいからバッグに入れておくことも可能。同素材のパンツと合わせて出張用セットアップとしても、冷房が効きすぎているときの“冷え対策”としても役立ってくれそうだ。


⑦機能美を手に入れた、スポーツMIXなTシャツ

Tシャツ990円/GU

都会的なスポーツMIXスタイル。それを1枚で叶えるなら、フロントはコットン天竺、背面はメッシュで生地が切り替えられており吸水速乾機能も付いたコチラを。モードな顔立ちをスポーツMIXで実現しているこれを機能美と言わずして何と言おう。どんどん暑くなってくるこれから、シャツやジャケットの下に着るTシャツとしても頼れそうだ。


⑧色でチャレンジするならリネンシャツで

シャツ1490円/GU

サマーカジュアルの定番とも言えるリネンシャツを、少し違った雰囲気で楽しむなら色で遊ぶのも有効だ。例えばピンク。リネンならではの質感で派手さは抑えられているので、妙に浮くことはない。今井さんのようにスラックスに合わせても良し、デニムでもショーツでも良し。すべてのオトーチャンにトライしてもらいたい1枚。


⑨海と街をつなぐためにデニムシャツという選択

シャツ1990円/GU

ビーチと街を行き来する海男に最適なデニムシャツ。ライトオンスのアイスウォッシュは見た目も着心地も軽快で、アフターサーフにもシティスタイルにも活躍してくれる。今気分のオープンカラー仕様というのもポイント。川本さんのようにTシャツの上にサラッと羽織るだけで、海カジが雰囲気良くまとまる便利なアイテムだ。


⑩ジャケットに似合うショーツはモードな香り

ショーツ990円/GU

ショーツは気楽にはきたいものだが、街で使うならジャケットにも合わせられるくらいの品が欲しい。という方はこちらをどうぞ。ベイカーパンツ型ながらネイビーのシックな見た目、シルエットもルーズすぎず、コットンナイロンの質感もいい感じ。ジャケットとコーディネイトすれば、少しモードな印象が漂うぞ。


[問い合わせ]
ジーユー カスタマーセンター
0120-856-453
www.gu-japan.com/jp/ feature/men/
※価格はすべて税抜き。撮影当時の価格を表示。

山本 大=写真 柴山陽平=スタイリング 赤坂匡介=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
父の日に欲しい! LA発のオーダーメイド・スマホケースが面白い
2018.06.16 / NEWS
“いい感じ”な親子10組が語る、理想の関係と夏に必要な10の服
2018.06.11
GUを知り尽くした“身内”が証言! 父の日向け“Good Use”な10アイテム
2018.06.04
故郷の土で創るコーヒーカップで、手の込んだホワイトデーに
2018.03.03 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
無地Tにデニムで決める。シンプルでかっこいい代表例
2018.08.15
ストライプに黒で合わせたカジュアルコーデ。トートの柄もいい
2018.08.15
ショーツから足元まで、う〜んなんとも涼やか!
2018.08.15
夏の男と一目でわかる。青×カモ柄って合うんだね
2018.08.14
ブランドならではのトートの素材感。これ、大人の選び方
2018.08.14
全身黒? いや足元に「白」。かっこいいとしか言えない!
2018.08.13
カメラをアクセがわりに。アメカジにそれは反則かも?
2018.08.13
上から順に黒白……。このまとめ方、お見事!
2018.08.13
黒系の色ながら表情豊か。バッグが絶妙アクセント
2018.08.13
白の無地Tとミラーサングラスがベストマッチのシンプルスタイル
2018.08.12
オーバーオールを今っぽく。こんなにお洒落でかっこいい!
2018.08.12
ビッグシルエットをメガネで締める。知的に着こなすミリタリー
2018.08.11