2018.05.28
FASHION

夏のオッサンの救世主は誰だ? スーツに強い4つのセレクトショップが推す名は「REDA」

「働く服改革」 Vol.3
働き方改革はもちろん大事。でも、そのためには「働く服改革」 も同じくらい大事。だってこれからの季節、 日本のビジネスマンを取り巻く環境は過酷だから。

照りつける太陽 にまとわりつく湿気。敵は競合企業だけではない。見た目もパフォーマンスも“いつも以上”を発揮できる仕事着とは何か? オーシャンズ的、本当にクールなクールビズを考える。

その他の「働く服改革」記事はコチラ

スーツ選びやその魅力を語るときに不可欠な要素といえば生地。しかし、数多く存在する生地メーカーの中で、実際に「季節や用途に合ったものを選べているか」と言われると、たじろいでしまう人も多いのでは?

そこで「オーシャンズ世代が選ぶべき選択肢は何か?」と、人気セレクトショップを探っていると、多くの店で目にしたのが「REDA(レダ)」の文字。

先日紹介した「仕立てがいいだけじゃ暑さに勝てない! 名門の気立てもいいネイビースーツ6選」でも、ブルックス ブラザーズのエクスクルーシブ生地を作っていた「レダ」。

レダとは何モノなのか? 今回はその謎を解くべく、そしてスーツの生地選びの指針を得るべく、セレクトショップに聞き込み調査を実施した。


そもそも「レダって何? 誰?」ってハナシから

レダの創業は1865年。イタリア北部にあるウール生地の世界的名産地であるビエラでファクトリーを構える老舗生地メーカーである。

生地メーカーにはさまざまな生産体制があるが、レダの特徴は原毛の仕入れから糸、そして生地の完成まで一貫して自社で管理していること。

実はこの自社での一貫管理というのがレダの強み。それにより、高品質なのにリーズナブルという優れたパフォーマンスを実現しているのだ。また、クラシカルな生地からトレンド性の高い機能生地まで、幅広くタイムリーに開発を行えるのも自社生産ならではの強みだろう。

NEXT PAGE /

人気セレクトショップへ「なんでレダなんだ?」と問う

そして、レダの生地を使ったスーツを展開する4つのセレクトショップに、「なぜレダを採用するのか」を直撃。実際のアイテムを例に、その答えを教えてもらった。


証言1:「バーニーズ ニューヨーク」バイヤー 亀谷さん

バーニーズ ニューヨーク メンズビジネスチームバイヤー
亀谷恵介さん
「スーツにコンフォート性が重視される現代において、レダは非常に頼れる存在。バーニーズ ニューヨークが生地別注したウールジャージー生地の『ヴァカンツァ』然り、近代的な設備の大規模工場で生産される生地は、高機能&ハイクオリティでありながらコストパフォーマンスに優れているのが魅力です。同時にクラシックな雰囲気の生地が充実している点も間違いなく、頼れる存在なんですよね」。

バーニーズ ニューヨークのエクスクルーシブ生地「ヴァカンツァ」。
28万円/ベルベスト(バーニーズ ニューヨーク 0120-137-007)

ウール100%ながら高いストレッチ性を実現したジャージー生地「ヴァカンツァ」を、これまた超名門ベルベストが仕立てた超一級の高機能スーツ。ナチュラルな素材で織り上げることで、コンフォートでありながら見た目はドレッシーに。さらには抗菌防臭加工を施し、また高い通気性も併せ持つ優れものだ。これは無敵の一張羅といえる。

NEXT PAGE /

証言2:「ユナイテッドアローズ」PR 岡本さん

ユナイテッドアローズ PR
岡本一宏さん

「我々が注目しているのはレダの開発力です。今回採用した『ATTO』という生地は、ウール100%ながら高い撥水性を備えています。レダはここ数シーズンこうした機能素材の開発を強化しており、スポーティな要素が求められる昨今のドレスシーンにおいて、急先鋒となる生地メーカーになっているんですよ」。

レダの高機能生地「ATTO」。
7万2000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)

高機能ながらウール100%の「ATTO」を使っていることに加えて、裏地を最低限にして軽さと通気性を高めた。グレンチェックに1プリーツという英国クラシックスタイルを、名実ともに“クール”に楽しめるというわけだ。

NEXT PAGE /

証言3:「エストネーション」PR 佐藤さん

エストネーション PR
佐藤浩貴さん
「定番カラーであるブルーやネイビーの色出しの良さ、そしてビジネススーツに適した織りのバリエーションが多いことが、レダを採用する大きな理由です。派手すぎず地味すぎない、絶妙なトーンのブルー&ネイビーの繊細な表現力は、ほかに類を見ないと思います。また、今回採用している『アイスセンス』のように機能性の高い素材を生み出す技術力もピカイチですね」。

レダの盛夏用冷感生地「アイスセンス」。
8万4000円/エストネーション
03-5159-7800

夏のビジネスシーンに映えるブルーストライプ。ショルダーパッドを省いたアンコン仕立てによる軽さとともに、赤外線の反射を促進することで通常のウールよりも表面温度を約8度下げるレダの「アイスセンス」が、クールな着心地を提供してくれる。

NEXT PAGE /

証言4:「ナノ・ユニバース」バイヤー 佐野さん

ナノ・ユニバース
商品企画部・メンズバイヤー
佐野 良さん
「イタリア・ビエラ産生地の特徴である優美なドレープ感を高く評価し、毎シーズン定番として選んでいます。自社紡績だからこその安定した品質、多彩な表現は、イタリアのみならず世界的にも稀有な存在。最新のテクニックを積極的に取り入れているのも、大きな魅力です。見栄えと機能性の両立を求めるなら、レダのタグはすなわち信頼の証と言っていいと思います」。

レダの「アイスセンス」。
ジャケット3万円、パンツ1万6000円/ともにナノ・ユニバース 0800-800-9921

織りストライプを配したネイビーは、ビジネスにおける王道。赤外線を反射し、表面温度を従来のウール素材より最大8度程度下げてくれる「アイスセンス」を使用したこちらは、直射日光の下でこそ、その涼しさを実感できるはずだ。機能的にしてあくまでビジネス然とした見た目がどんなシーンにも使いたくなる。

高品質、高機能、リーズナブル、スピード感のある提案力。これらの条件が揃う生地メーカーに、各セレクトショップが注目するのは必然なのだろう。

どのショップのスタッフも総じて口にした「レダの優れた機能性」と「レダの優れた生産背景」は、厳しいニッポンの夏のスーツ選びにおいて、確実な安心感となる。つまり、「レダは誰だ?」の答えは、夏のサラリーマンの救世主だったってワケだ。


鈴木泰之=写真(静物) 星 光彦=スタイリング 安岡将文=文

# スーツ# レダ# 生地
更に読み込む