https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-0513-2/

着回し自在! ユニクロの「感動パンツ」はオッサンたちの新定番となりえる超実力派

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワードローブにあってしかるべき夏の定番服を、等身大の普通の人々が着回す。同じアイテムでも、着る人間や合わせるモノ、コーディネイト次第で、こうも印象が変わるのだ。

今回、4人の大人たちが着回すのは「ユニクロ」のサマースラックス。

着回しアイテム:「ユニクロ」のサマースラックス

3990円/ユニクロ 0120-170-296

プロゴルファーのアダム・スコット氏、東レと共同開発した独自の機能素材が使われたその名も「感動パンツ」は、細身でもラクな超伸縮、ドライな肌触りが続く超速乾、さらにシワになりにくいうえにイージーケアというネーミングに恥じぬ逸品。複数のタイプがあるなか、夏の人気はウルトラライト&コットンライクなこちら。

スタイル① チノパン感覚で取り入れスラックスをより身近に

パンツは上を参照。Gジャン2万3000円/ヤエカ(ヤエカ アパートメント ストア 03-5708-5586)、シャツ4万1000円/マディソンブルー 03-6434-9133、サンダル3万9000円/ピッピシック(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)

ポリエステル100%の機能素材にして、コットンライクな表情を楽しめる「感動パンツ」の特性を活かして、チノパン的にコーディネイト。休日らしさを演出するため、アウターはテーラードジャケットではなくGジャンを、足元にはサンダルをセレクトしてみた。

ウェブデザイナー
深澤秀和さん(37歳)
身長174㎝、体重70㎏。近頃は、新婚ホヤホヤの妻と夫婦水入らずで美味しい飲食店を訪ねるのが休日の楽しみ。その一方、2世の誕生も心待ちにしている未来のオトーチャン。


スタイル② キレイなニットと大人らしさ

パンツは上を参照。ニット2万2000円/エイチ ビューティ&ユース 03-6438-5230、Tシャツ7500円/オーラリー 03-6427-7141、ブーツ13万5000円/アミリ(エストネーション 03-5159-7800)、サングラス4万8000円/ビズビム 03-5468-5424

発色のキレイなハイゲージニットを主役に、大人らしい装いに。ボトムスは、そのムードを盛り上げながら印象を引き締める黒をチョイス。美シルエットも相まって上品にキマり、それでいてウールスラックスほど堅い雰囲気にならないのがうれしい。

アパレルデザイナー
川口大輔さん(42歳)
身長180㎝、68㎏。1歳の息子を持つ父であり、早々に仕事を切り上げては、自慢の料理の腕を振るって家族に毎晩夕食をこしらえる。週末はジム&子供との公園遊びで汗を流す。


スタイル③ 上をスウェットに着替えればスポーティな装い

パンツは上を参照。スウェット2万9000円/ニードルス、ブーツ3万8000円/エンジニアド ガーメンツ×ティンバーランド(ともにネペンテス 03-3400-7227)、Tシャツ8000円/カモシタ ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)

美色クルーネック&黒のパンツという合わせは左上の2と共通だが、トップスをハイゲージニットからスウェットに替えるだけでスポーティな印象に。

グラフィックデザイナー
永野有紀さん(36歳)
身長182㎝、体重76㎏。昨年、妻とともにデザイン事務所を設立。女性ファッション誌や人気ショップのシーズンカタログ、写真集などでアートディレクターとして活躍する。


スタイル④ デニムの代わりに起用して品を保った大人のワントーン

パンツは上を参照。シャツ8800円/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893)、肩に掛けたスウェット1万4000円/N.ハリウッド×ジャージーズ(ミスターハリウッド 03-5414-5071)

ネイビーでまとめた潔い装いは、ヌケ感のあるオープンカラーシャツを合わせたから、全身ダークトーンでも重たく見えない。これがデニムだと王道のアメカジになるが、スラックスなら品の良さも失わない。

画家
高木耕一郎さん(43歳)
身長178㎝、体重75㎏。ペインティングや刺繍を用いたアート作品を得意とし、有名ブランド&ショップへのデザイン提供も多数。スケボーしてからの銭湯が最高のリフレッシュタイム。

松村隆史=写真 梶 雄太=スタリング 宮田靖士=ヘアメイク

このエントリーをはてなブックマークに追加
無印良品が誇る屈指のロングセラー「ボーダーT」の着回しあれこれ
2018.05.16
可能性、無限大。永遠の大定番「ポロカラーシャツ」はこう着回すべし
2018.05.15
夏の定番、ラコステのポロシャツをもっと着回すための4大アイデア
2018.05.14
デニムでもなく、ショーツでもない。夏に着回せる“第3のパンツ”はコレだ!
2018.05.14
ヘビロテできる!着回しできる!期待に応える服。応えない服。
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21