https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-0511-8/

【平山ユースケ31Days】部長びんびん“着回し”物語、本日からスタート!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「新しい夏、期待に応える服。応えない服」として、ヘビロテできる服&着回しできる服を特集している「オーシャンズ」6月号。その中で看板モデルの平山ユースケは、商社勤務の“ユースケ部長”に扮し、8つのビジネスワードローブと、14のカジュアルワードローブを着回す「部長びんびん“着回し”物語」を展開。31日に及ぶファッションとプライベートのドラマを見せている。そこで使ったアイテムを改めて見てみよう。

ユースケ部長の「ビジネスワードローブ」


ユースケ部長の「カジュアルワードローブ」


改めて「部長びんびん“着回し”物語」のあらすじを

新卒入社した大手総合商社・亜藤忠物産で繊維担当の部長職を務める平山ユースケ(47)。現在は省庁管轄の業務に携わり、同期の中では出世頭として一目置かれている。

重役とともに参加する政財界の大物たちとの会合もしばしばで、近頃では役員に昇進間近とウワサされる。そんなユースケは学生時代からファッションを愛し、インポートブランドを嗜んでいたおかげか、それなりにファッションへの造詣は深い。なんでも社内の女子社員からもスーツの着こなしの評価が高く、隠れファンも少なくないそうだ。プライベートでも一男一女に恵まれ、順風満帆なエリート街道をひた走る。

……かと思いきや、その実態は妻との別居状態が続き、何かと寂しさを感じることもしばしば。仕事は順風満帆だが、プライベートは波乱万丈。そんな中年男子にファッションの女神は微笑むのか?


そんなユースケ部長のコーディネイトとライフスタイルの毎日を本日からオーシャンズ公式フェイスブックにて31日間、毎日公開していきます。

「いいね!」して見逃さずに!


西崎博哉(MOUSTACHE)=写真(人物)
鈴木泰之=写真(静物) 武内雅英=スタイリング
yoboon(coccina)=ヘアメイク
大手町フィナンシャルシティグランキューブ、
グローバルビジネスハブ東京、
グランドニッコー東京 台場=撮影協力

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヘビロテできる!着回しできる!期待に応える服。応えない服。
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21