ヘビロテできる!着回しできる!期待に応える服。応えない服。 Vol.10
2018.05.07
FASHION

「どんなパンツにも着回せます」をショップ店員が実践! ディストリクト ユナイテッドアローズ編

ショップで個性の強い服を片手に、買おうかどうか悩んでいると、スタッフに「この服、実は何にでも似合いますよ」と言われたことはないだろうか? きっと誰もが一度や二度、そんな経験はあるはずだ。

しかし、魅惑的なこのセリフ、本当なのか? その真偽を確かめるべく、都内の人気セレクトショップ8店のスタッフに、クセのある服を実際に着回してもらった。

 ハリウッド ランチ マーケット編はこちら

今回は、ディストリクト ユナイテッドアローズの森山真司さんが登場。「カラー ビーコン」のアロハシャツを、4種類のパンツで合わせたスタイリングを披露する。

着回した服

「カラー ビーコン」のアロハシャツ

3万7000円/ディストリクト ユナイテッドアローズ 03-5464-2715

スナップボタン、裾のドローコード、裏地に総メッシュといった、カラー ビーコンらしいアレンジを利かせた、アウターライクな仕上がり。袖から裏地のメッシュがはみ出しており、1枚で着てもレイヤードしているような見た目。

着回し① デニムにも

「はき慣れたウォッシュデニムにアロハシャツ。相性がいいのは当然ですね。ただ、若いときならそれだけでもいいかも知れませんが、大人っぽく見せるならジャケットをプラスしたいですね。柄×柄の重ね着で遊び心もしっかりと」

着回し② チノパンにも

「シンプルなチノパンももちろん合いますが、こんな個性的なチノもいけますよ。ただし、ロールアップで軽快感を加えます。色でコーディネイトに統一感を持たせておけば、クセの強いアロハは逆にいいアクセントになります」

着回し③ ミリタリーパンツにも

「着こなしには季節感も重要で、シャンブレーのカーゴパンツなら見た目も涼しげ。シャツのフロントを開けて着るならインナーのTシャツは無地よりインパクトのあるものを。難しく考えず、トライしてみると意外とハマるものですよ」

着回し④ 短パンにも

「ショーツをはくときに常に念頭に置いているのは、トップスには必ず長袖を合わせるということ。羽織りをレイヤードさせることで、単調にならず着こなしに奥行きが生まれます。足元はスニーカーではなく革靴がスマートですね」

着回した人
「ディストリクト ユナイテッドアローズ」セールスマスター
森山真司さん(49歳)
業界きっての洒落人として各世代から厚い信頼を得る森山さん。最近はストレンジャーシングスの影響もあって『スター・ウォーズ』熱再燃。本気でジェダイマスターを目指している、とか。

 

志賀俊祐、中野 理、恩田拓治=写真

# ユナイテッドアローズ# 「どんなパンツにも着回せます」をショップスタッフが実践してみた# ディストリクトユナイテッドアローズ
更に読み込む
一覧を見る