2018.04.01
FASHION

実力派ランニングシューズがコラボによって街履きに進化中!?

昨年本格上陸したランニングシューズブランド、ホカ オネオネ。そして、英国発トレランシューズブランドのイノヴェイト。ランナーたちからも厚い信頼を寄せられる両者が、コラボによって見事に街履きとの二刀流を叶えた。気になるそのアイテムとは?


「エンジニアド ガーメンツ × ホカ オネオネ」のスニーカー

各1万9000円/デッカーズジャパン 0120-710-844

ホカ オネオネは、かつてない軽さとクッション性を備えた分厚いミッドソールが特徴で、ランナーはもとより、その類いまれなルックスがファッション好きの間でも昨年から話題に。もちろん本誌でもインラインのモデルは紹介済み。今回お見せするのはメンズでは初のコラボである。

相手はあのエンジニアド ガーメンツ。シーズンテーマである「ラブ&ミュージック」のキーカラーや、ドット&キューブ柄を、左右違いのアシンメトリーで作ったセンスはらしさ全開だ。この絶品コラボ、ホカホカのうちに召し上がれ。


「フット・ザ・コーチャー × イノヴェイト」のブーツ

2万6500円/ギャラリー・オブ・オーセンティック 03-5808-7515

この冬はまれに見る寒波が日本列島を覆った。雨雪に見舞われ必要性をひしひしと感じたのが、安心して街を歩けるブーツの類い。春先もまだまだ油断ならぬと思っていたところ、フット・ザ・コーチャーと、英国発トレランシューズブランドのイノヴェイトによるブーツを発見。

圧倒的なグリップ力を誇るソールを備え、防水のアーバンカモ柄アッパーにゴアテックスのライニングで通気性も確保。それでいてきわめて軽量という点が街履きに打ってつけなのである。当然このルックスだから、ファッション的にスベることもないしね。


快適な履き心地や利便性は言わずもがな。しかもファッション性まで手に入れたとなれば、一度足を通してみたいと思うのは当然。その実力、まずは手にとって感じてみて。


中村利和(BOIL)=写真 松田有記=スタイリング

# コラボ# トレラン# ブーツ# ランニングシューズ
更に読み込む