オーシャンズ的 大人改造計画 Vol.15
2018.03.25
FASHION

あのカラーを加えるだけで、いつもの週末コーデが劇的に変わる!?

趣味に没頭したり、わんぱく小僧と過ごしたり、というのが一般のオトーチャンの週末。だから着る物は、極力リラックスできるカジュアルスタイルがお決まりだろう。ただ、選びによっては子供っぽくなってしまうのが懸念事項。そんなとき、トレンドのアースカラーが絶妙にフォローしてくれる。

「オーシャンズ的パパ改造計画」を最初から読む

ここ数シーズン、アースカラーが巷を賑わせてきたが、今季も変わらず注目の色。そのブルゾンなら春先にもいいし、シブさとトレンド感も出せる。クルマ移動が多い人も、短丈だけに乗り降りするときの煩わしさがないため役に立つはずだ。

とはいえ、選ぶならアースカラー特有の野暮ったさを程よくいなしたアイテムがオススメだ。例えば、軽やかなナイロン素材のもの。しかも、ノーカラータイプを選ぶことで、合わせる服がベーシックでも少し個性ある着こなしに見えるのだ。デニムスタイルや、パーカにチノパンといったシンプルな格好なのに、不思議とシャレて見えるから手に入れておいて損はない!

[今回の悩めるオッサン]

会社員 横田将行さん
年齢/40歳 身長/173cm 体重/63kg

Q1. 休日のワードローブを教えてください。
スウェットやGジャン、カーゴパンツなどアメカジテイストなアイテムが多いです。色も地味なものがほとんど。

Q2. よく行くショップや好きなブランドはありますか?
ほとんどECサイトで買い物をしています。しかも、妻に任せているので、ブランドのこだわりはありません。

Q3. 服装について何か悩みはありますか?
童顔で、カジュアルな服装だとより子供っぽく見えるのと、格好がいつも変わり映えしないのが悩みです。

Q4. やってみたい格好があれば教えてください。
普段と変わらないベーシックなアイテムでも、オシャレに見える着こなしのコツが知りたいです。

[今回のスタイリスト]

スタイリスト 荒木大輔

本誌をはじめ、ファッション誌から俳優のスタイリングまで幅広く活躍。サーフィン歴は15年。今季はGジャンとチノパンが気になっているそう。

ヘアメイク 田畑裕大

東京・表参道のサロン「アルファラン」で勤務する傍ら、フリーランスのヘアメイクとしても活躍。サロンの予約は03-6450-6583まで。

 

[ヘアスタイルの改造ポイント]

笑顔が素敵で清潔感もある横田さん。ただ、マッシュルーム風のシルエットが少し重たい印象。そこで、トップとサイドを程よくカットし、メリハリを演出している。さらに、パーマをかけることでボリュームを出しながらも、軽やかな印象に。

NEXT PAGE /

[今回のスタイリングのポイント]

ワンマイルコーデにプラスするだけで見た目“手抜き感ゼロ”

ブルゾンは後述。ニット9200円/ビーミング ライフストア by ビームス(ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ店 048-788-1130)、スウェット2万3000円/パイン(アルファ PR 03-5413-3546)、スニーカー5500円/ヴァンズ(ビームス 原宿 03-3470-3947)

ワンマイルスタイルはすこぶるリラックスできる分、合わせによっては「手抜き」と見られかねない。ただ、アースカラー&ノーカラーブルゾンを羽織ればその心配も回避。

 

爽やかなマリンスタイルにもたらされる大人のシブさ

ブルゾンは後述。カットソー2万1800円/レインメーカー 075-708-2280、デニム1万5000円/ドゥニーム(ドゥニーム ザ ストア アーバンドックららぽーと豊洲店 03-6910-1803)、スニーカー2万3000円/Amb(ハイブリッジ ショーケース 六本木店 03-3408-8682)

春先にぴったりなボーダーカットソーを挿した爽やかなマリンスタイル。渋ブルゾンの投入により、さらに年相応の落ち着き感が加わった。

 

鮮やかなインナーとのグラデ合わせで楽しくも新鮮な趣へ

ブルゾンは後述。ポロシャツ2万6000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー 03-3473-7008)、パンツは私物

ポロシャツとスラックスを取り入れた上品スタイル。とはいえ、オッサンの定番ゆえに野暮ったく見えてしまいそうだが、鮮やかな色を選ぶことで即解決。

 

淡めアースカラーでまとめればストリートスタイルもクリーン

ブルゾンは後述。パーカ2万3500円/ハバノス(ヘムト PR 03-6721-0882)、パンツ5万2000円/デヴォー(アメリカンラグ シー 新宿フラッグス店 03-5366-5425)、スニーカー5万8000円/ブッテロ(ブッテロ トーキョー 03-5766-1718)

ストリートライクな格好は、場合によっては子供っぽく見えがち。ただ、ベージュとホワイトのツートーンでまとめることで新鮮かつ品の良い着こなしになる。

 

[今回のホットなキーアイテム]
「ジョン メイソン スミスのノーカラーブルゾン」

3万3000円/ヘムト PR 03-6721-0882

V字型のシームが入った、サードタイプ風のノーカラーブルゾン。ナイロン素材とマイルドなアースカラーが春らしく軽やかな印象だ。ややゆとりのあるボックスシルエットが今っぽく、アクセントになっているジップに付いたフリンジは、取り外し可能。

 

普段と変わらないアイテムと合わせたとしても、これならコーディネイトに変化が加わる。しかも、首回りはスッキリだから、その実小顔効果も期待できるのだ。これを機会に一度お試しあれ。

 

清水将之(mili)=写真 荒木大輔=スタイリング 田畑裕大(ALFALAN)=ヘアメイク

# アースカラー# パパ改造# ブルゾン
更に読み込む