街角パパラッチ。全身コーデ実例集 Vol.54
2018.02.21
FASHION

関西の南国、和歌山のコーデ巧者から、“withサングラス”スタイルを盗もう!

南紀白浜に代表されるように、海・山・川といった自然に恵まれた和歌山。そこで多くの人が身に着けていたアイテムが、サングラス。

日照時間が長い和歌山では、目を保護する役割もあるのだろうが、何よりもシャープで大人っぽいニュアンスを出せるのがいい。今回は和歌山の街で出会った“with サングラス”なコーディネイト巧者たちに、装いを見せてもらった。

 

ボアジャンとヴァンズのグッドスタイル。
熊本幸夫さん(36歳)
ボアジャンの素材感と色使いの妙が際立つスタイリングだ。ヴァンズとの色合わせもグッド。

ジャケット、パンツ/ともにワコマリア、スニーカー/デラックス×ヴァンズ、サングラス/アンユーズド

 

フィッシュテールは脚長効果も期待できる。
楠本康博さん(33歳)
中に見えるムートンは、重ね着風に見えるコートのパーツ。着膨れ知らずの理由がわかった!

コート/テンシー、デニム/サンディニスタ、スニーカー/アディダス、サングラス/アンユーズド

 

リブパンツでアスレジャー感を演出。
室井良友さん(46歳)
ダイヤモンド柄のキルティングは、トレンドのひとつ。そいつを、とびきりカジュアルに。nice!

ベスト、パンツ/ともにピッグ & ルースター、パーカ/サンディニスタ、スニーカー/ホーボー

 

男は背中で語る。それはブルゾンでも同様。
浜本邦雄さん(51歳)

ジャケット、ニットキャップ/ともにワコマリア、デニム/フラットヘッド、ブーツ/レッド・ウィング

 

ローゲージニットが武骨なライダーズを和らげる。
宮本 興さん(30歳)

ライダーズ/サンディニスタ、ニット/アンデルセン-アンデルセン、パンツ/イエスタデイズ トゥモロウ、スニーカー/ワコマリア×コンバース

 

サングラスは、けっして夏だけのものではない。日が傾くのが早く、低い位置に太陽がある季節は、光が目に入りやすい。目の紫外線ケアは、365日いつでも大切なのだ。

さらにコーディネイトに“タダ者じゃない”雰囲気がプラスされるし、一石二鳥。つい躊躇しがちな諸兄も、ダマされたと思って“with サングラス”スタイルに挑戦してみてほしい。

# コート# サングラス# パパラッチ#
更に読み込む