https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-0213-2/

’90年代に青春を過ごしたスニーカー世代ならわかる「この感じ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

若い頃スニーカーに夢中になった世代なら、説明せずともわかってくれるに違いない「感じ」だ。ボリュームのあるミッドソールを備えたランニング型で、ローテクでもなく、ハイテクでもない。あえて言うなら、’90年代的ミッドテクな風情ってところか。

今季のスニーカーは本当にこの感じがドンズバで、さまざまなブランドから豊作状態。上品さも纏ったミクスチャー感を、年を重ねた今のスニーカー世代にオススメしたい。

骨太なブーツで鳴らすブランドから、キメ細かなスエード仕様の一足。5万8000円/ブッテロ(ブッテロ トーキョー 03-5766-1718)
アウトソールにお馴染みのラバーペブルを装着。発色の良さもさすが。7万8000円/トッズ(トッズ・ジャパン 0120-102-578)
1990年発表、当時のサッカーイタリア代表が履いた名作「n9000」を現代の顔で復刻。3万2000円/ディアドラヘリテージ(DMR Inc. 03-5770-3040)

さまざまなシューズに足を通してきた若かりし頃。当時を彷彿させる一足は、懐かしい気もするけど、どこか新鮮さも感じられる。程よく上品さも加わったこいつらなら、今の我々には実にいい塩梅だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
デニス・ロッドマンのNIKE・AIRWORMこそ日本で復刻されるべき
2019.01.17 / スニーカー世代を刺激する「一足触発」
スニーカーショップ「SKIT」オーナーが復刻希望するNIKE・ACGの2大傑作
2019.01.04 / スニーカー世代を刺激する「一足触発」
三原康裕が若き日に感化されたDCシューズに施す大人計画
2018.12.27 / スニーカー世代を刺激する「一足触発」
90年代NBAのスター、グラント・ヒルが愛したモデルが星を纏って凱旋!
2018.12.20 / スニーカー世代を刺激する「一足触発」
意外にも多彩!? 個性豊かな黒スニーカーの“いろいろ”
気張らない日の手抜きコーデも華やかに!? 気鋭ブランドの“脱・平凡”スニーカー5選
清潔感も大切な大人には、クリーンなテニス風味の一足がいい塩梅
革靴にまだ主役の座は渡さない。注目の新作スニーカーが冬も熱い!
ガッチリ体型にフィットするコートでタフ&エレガンスに!
2018.12.26
明るい赤のブルゾンとシャツ
ビビッドなレッドが 取り入れやすくなる方法論
2018.12.21
清潔感が漂う男の理由はネイビー、もうひとつは……
2018.12.18
ストリートな装いがミルキーホワイトでマイルドに
2018.12.15
海っぽさと、陽気なイエローでチルなムードを纏う
2018.12.12
キャメルで際立つ、優しい装いと父親像!?
2018.12.09
日焼けしたブラウンレザーに見いだすタフなムード
2018.12.06
デニムブルーはやはり男らしさのエッセンスである
2018.12.04
大人の貫禄とモスグリーンの親和性に大いに納得
2018.12.02
表情豊かに黒を着たいから シルエットを工夫する
2018.11.29
爽快な細身ブリーチが、年相応にはけるヒミツが知りたいか?
2018.11.24
オールタイムベストな軍モノ×デニムを新鮮に
2018.11.21