街角パパラッチ。全身コーデ実例集 Vol.50
2018.02.10
FASHION

「個性+洗練÷2」。ハイカラな街・神戸で見つけたお洒落の方程式!

明治期から港町として栄え、国際色が豊かな街・神戸。世界のトレンドをいち早く取り入れ、ファッション的にもカルチャー的にも、ひときわ洗練された都市のひとつだ。

ということで、あたりを見回せば……いるいる、ハイカラさんがたくさん! なかでも目を引いたのは“柄”の使い方。一見、難しそうなアイテムをスマートに魅せる、神戸の“文明開化”なオッサンたちの着こなしを紹介しよう。

 

こなしのすべてに新鮮さがあるのはなぜ?
陣内勇人さん(36歳)
メンズのハイウエストパンツは、なかなかの強者だがチャレンジしたいアイテムのひとつだ。

コート/ケイシー ケイシー、カットソー/ウティ、パンツ/ニート、スニーカー/コンバース

 

ラフなネックラインがヌケ感を生む。
潮海達矢さん(38歳)

コート/アメリ、カーディガン/カラー、パンツ/ユナイテッドアローズ、スニーカー/アミ アレクサンドル マテュッシ

 

大人のペイズリー柄はこのストールを手本に。
垣内 晃さん(48歳)

ブルゾン/ボンクラ、パンツ/ベルウィッチ、靴/オールデン、ストール/ビームス プラス

 

紺のライダーズで、個性を出した着こなしへ。
植村光太郎さん(32歳)

ライダーズ/ジェームスグロース、デニム/ヌーディージーンズ、靴/カルミナ

 

モノトーンコーデが華やぐ個性派ストール。
福岡達哉さん(38歳)

コート/トゥモローランド、ニット、パンツ、靴/すべてユナイテッドアローズ、ストール/ピエール・ルイ・マシア

 

チェックコートはブラウンで大人っぽく。
熊本大地さん(36歳)

コート、ニット/ともにA.P.C.、デニム/スビ、靴/パラブーツ

 

縦のラインを意識したスマートコーデ。
小西健太さん(35歳)

コート/ Do you Exist?、カットソー/トゥモローランド、パンツ/エストネーション、スニーカー/コンバース

 

柄で主張するぶん、ほかのところはやりすぎない。全体のシルエットや、柄が見える分量にも気を遣う。つい無地を選んでしまう“安定志向”からの脱却は、そんな押し引きをマスターするところからなのだろう。ワンランク上の洒落者を目指すなら、ぜひ挑戦を。

# コート# パパラッチ# # 柄モノ# 神戸
更に読み込む