街角パパラッチ。全身コーデ実例集 Vol.47
2018.02.07
FASHION

冬のブルゾンに“こなれ感”を。いい歳ならマネしたい大人っぽさのコツ

クルマを乗り降りするときに不便だから、長い丈のアウターはNGという人、結構いるはず。

そういうアクティブ派にとっての良き相棒が、ブルゾン丈のアウターだ。でもいい歳だし、ラフになりすぎるのがちょっと…。そんな時は、街の上級者たちの模範解答をヒントにしてみよう。

丸山佳郎さん(40歳)

ブルゾン/ハフ、パンツ/ポロ ラルフ ローレン、スニーカー/ヴァンズ、メガネ/アメリカンオプティカル

ボード&ストリートカルチャーシーンで地位を獲得したブランド、ハフのトラッカージャケットを、一見すると“普通に”着こなしている。でも、パンツの丈感やスニーカーのチョイスに、こだわりがひしひしと。色やシルエットが過激でなくとも、醸し出るスタイル。大人が目指すべきファッションは、こういうことだ。

 

吉武 厚さん(37歳)

ブルゾン/コーチ、ベスト/リーバイス、シャツ/ギャップ、デニム/デンハム、靴/リーガル

プレッピー調コーデにライダーズを合わせた。デンハムのデニムは丈感で個性を演出。

 

福本真士さん(32歳)

ブルゾン/ザ ファブリック

革の光沢で変化を。全身黒も平板に見えない。

 

坂井正幹さん(46歳)

ブルゾン/ドローイングナンバーズ

大人っぽく着たいならメルトン素材を選ぶ。

 

石郷岡 亮さん(32歳)

ブルゾン/バブアー

リバイバル中のキルティング。重ね着上手だ。

 

岡本美津義さん(59歳)

ブルゾン/メンズビギ

主役のジャケットは40年前のメンズビギ製!

 

矢野佑治さん(34歳)

ブルゾン/ナンバーナイン

黒で揃えつつ、柄や編み地で抑揚をつけた。

 

平山敬史さん(30歳)

ブルゾン/チンクワンタ、シャツ/フィナモレ、パンツ/インコテックス、靴/クロケット&ジョーンズ

茶のスエードブルゾンを、相性が良いクロージング系のブランド&アイテムで取りまとめた。

 

カジュアルになりがちなブルゾンを、大人っぽく。合わせるアイテムだったり、シルエットだったり、注意すべきポイントはいくつかあるけど、意外とできそうな気がしてこない? こういうテクが自在に繰り出せれば、お洒落な男の特権“こなれ感”も自分のものにできるのだ。

# ブルゾン#
更に読み込む