https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-0206-2/

Gショック、オークリーの馴染みある姿が一変!? 定番の新作に異変あり!

このエントリーをはてなブックマークに追加

大人には昔から馴染みの定番アイテムがあるはずだ。Gショックやオークリーのサングラスなどはその部類。“変わらなさ”加減に安心感は覚えるけれど、ただ、新鮮味のあるモデルにも冒険心をくすぐられるんじゃない? そう、例えばこんなアイテムとかね。

「エンダースキーマ × Gショック」の腕時計

樹脂ケース、縦49×横43㎜、クオーツ。2万6000円/スキマ 03-6447-7448

Gショック35年の歴史において初となるレザーストラップのモデルは、今ノリに乗っているレザーブランド、エンダースキーマとのコラボレーションだ。

「使われることでプロダクトが完成していく」という価値観から用いられた、ベジタブルタンニン鞣しのヌメ革。経年変化によりこの先ともに歩む時間と、Gショックのデジタル表示が刻む時間を、DW-5600系のミニマルデザインで表現する。僕らが若い頃から親しんできたGショックだけど、この先もクリエイティビティに伸びしろのある腕時計なのだと再認識した次第。


「オークリー」のサングラス

[上]1万6000円、[下]1万9000円/ミラリジャパン 0120-009-146

なんとこちら、スケーターやサーファーに熱く支持されるオークリーの最新フロッグスキンだ。

え、これが? いつものウェリントンじゃなくてハーフリムじゃないか。そうは言っても、先端技術を用いて作られたフレームとカラフルな多機能レンズは、まさにフロッグスキンそのもの。異論があるかもしれないが、例えばリーバイスの「501」に対する「505」や、ヴァンズの「オーセンティック」に対する「オールドスクール」のように、新定番が生まれる際には多少の波風が立つもの。逆に言えば、この衝撃は、未来の名作たりうる証しなんじゃないだろうか。


安心感と新鮮さ。諦めかけていた両得の願望を見事にかなえた。定番にして異色作を作り上げた両者のチャレンジ精神と遊び心に拍手!


このエントリーをはてなブックマークに追加
キザに見せるか、個性的に見せるか。“効果的サングラス使い”の模範解答
2018.08.11
「サングラスが似合う大人」が愛用するブランドが知りたい!
2018.08.10
夏こそ堂々と使いたい、サングラスにおける“オーシャンズ8”の全貌
2018.08.09
かくして、これらをビジネスシーンに役立つ腕時計と認定する!
2018.07.31
人気スタイリストに聞いた! “腕時計が輝く”コーディネイト術【後編】
約100人の女性に聞いてわかった、オトコに着けてほしい時計とは?
“スケスケ”が正解だった! 40代必見の失敗しないサングラス選び
“メガネ”大国ニッポン。世界に誇る5つの有力ブランド
無地Tにデニムで決める。シンプルでかっこいい代表例
2018.08.15
ストライプに黒で合わせたカジュアルコーデ。トートの柄もいい
2018.08.15
ショーツから足元まで、う〜んなんとも涼やか!
2018.08.15
夏の男と一目でわかる。青×カモ柄って合うんだね
2018.08.14
ブランドならではのトートの素材感。これ、大人の選び方
2018.08.14
全身黒? いや足元に「白」。かっこいいとしか言えない!
2018.08.13
カメラをアクセがわりに。アメカジにそれは反則かも?
2018.08.13
上から順に黒白……。このまとめ方、お見事!
2018.08.13
黒系の色ながら表情豊か。バッグが絶妙アクセント
2018.08.13
白の無地Tとミラーサングラスがベストマッチのシンプルスタイル
2018.08.12
オーバーオールを今っぽく。こんなにお洒落でかっこいい!
2018.08.12
ビッグシルエットをメガネで締める。知的に着こなすミリタリー
2018.08.11