https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-0120-7/

リジッドデニムのロールアップがキマる裏技 〜ONE MORE MOVE#005〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

「たったこれだけ?」ってくらいちょっとしたことでイメージが変わる、着こなしのテクニック。制限時間は30秒。難しいこと抜き。それを動画でお伝えしていく連載企画「ONE MORE MOVE」。30秒あれば、着こなしは確実に見違える。

「ONE MORE MOVE」の第2回「味のあるデニムのロールアップ」では、色落ちデニムの新たな一面が見られる、ニュアンスたっぷりなロールアップを紹介した。では、まだノリが残っているリジッドの場合はどうする?

ということで、リジッドデニム特有のハリを活かしてジャストレングスを手に入れる、目からウロコのテクニックを伝授。

長すぎる1本もたちまち自然なレングスになるんだから、実践しない手はなし。冬なら柄モノやヴィヴィッドカラーのソックスでも履けば、着こなしはさらに見違えるはず!

ニット4万5000円/キャプテン サンシャイン(クリップ クロップ 03-5793-8588)、デニム1万9000円/リーバイス  ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)、靴15万2000円/エドワード グリーン(エストネーション 03-5159-7800)

>ONE MORE MOVE #001 ニュアンスたっぷりな「袖の捲り方」はこちら
>ONE MORE MOVE #002 色落ちデニムの自然な「ロールアップ」テクニックはこちら
>ONE MORE MOVE #003 お洒落なシャツスタイルの近道は「ヌケ感」。その秘密レシピはこちら
>ONE MORE MOVE#004 脱・まじめくん! “丁度いい”シャツのタックインはこちら

山口賢一=撮影 菊池陽之介=スタイリング 勝間亮平(masuclin)=ヘアメイク

このエントリーをはてなブックマークに追加
デニム博士に教わる6つの要点。我々はデニム生地について知らなすぎた!
2018.05.19 / 間違いだらけのデニム選び
代官山に突如現れたグラフィティを描いた男が語る「真実」とは?
2018.05.13 / NEWS
暑いから、厚いから、夏はデニムをはかないという主張は間違っている
2018.04.24
いい色落ちを目指すなら実践すべき、正しいデニムの洗い方
2018.04.07 / 間違いだらけのデニム選び
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21
ダークトーンのアクセントに、こんな派手色はいかが?
2018.05.19
これからの季節、涼しげなカーゴパンツ。インナーの見せ方もワザあり
2018.05.17
エアマックスにチノパン。懐かしのストリートはサイズ感を今っぽく
2018.05.15
今年らしさは、総柄の開襟シャツでどうぞ
2018.05.13
ビッグシルエットなのにスッキリ感。秘密はカラー&ボトム
2018.05.11
上品さ&ヌケ感が絶妙マッチ。九分丈ロールアップも春らしさを演出
2018.05.09
ちょっぴり上品!新鮮なデニムセットアップ
2018.05.07
”街男スタイル”に絶妙なハズしを与える、ホワイトスニーカー
2018.05.05