2018.01.15
FASHION

汎用性と男らしさ! 大人の味方・ミリタリーブルゾンはどう着よう

たとえばMA-1やM-65など、常にアツい支持を集めるミリタリーなアウター。今冬、街のオッサンたちは、そんな“永遠の定番”をどのように着こなしているのか。注目のブルゾン丈にフォーカスしてチェックしてみよう。

淳さん 37歳

ブルゾン/プレッジ、シャツ/ザラ、パンツ/グラミチ、スニーカー/アディダス、ニットキャップ/ノーブランド、腕時計/ホーボー

ミリタリー由来のタンカージャケットを、ネルシャツで合わせる王道コーディネイト。ポイントは、パンツのシルエットによって、全身が今っぽく見えているところ。タイトなフィッティングやちょうどいい丈感、清潔感あるスニーカーなど、大人がミリタリーウェアをクリーンに着るヒントがギュッと詰まっている。


岡田和也さん 30歳

ブルゾン/ディーホリック

トップスにボリュームを作りボトムスはタイトに。


松木陽一さん 35歳

ブルゾン/ダブルタップス

黄金比ともいえる、A-2とデニムのバランス。


山口健太さん 34歳

ブルゾン/ザ クワイエット ライフ

マルーンもオリーブに相性がいい色のひとつ。


福永裕二さん 40歳

ブルゾン/ザ・シェパード アンダーカバー × フラグメントデザイン × アルファ インダストリーズ

ビッグサイジングのMA-1も気になるよな。


巽 正輝さん 45歳

ブルゾン/USネイビー

軍モノをキレイめヴィンテージスタイルに。


森岡陽一郎さん 37歳

ブルゾン/ユニフォーム・エクスペリメント

“裏原”の影響が色濃いMA-1スタイルだ。


アメカジにもキレイめにも振れる汎用性の高さと、武骨な男らしさ。いつでもオッサンの味方だったミリタリー系アウターだが、やり方次第でもっとイカしたコーディネイトになりそうだ。

# カーキ# ブルゾン# ミリタリー#
更に読み込む