https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-0107-2/

創業者に聞いた「サタデーズ ニューヨークシティ」という名前の秘密

このエントリーをはてなブックマークに追加

いわゆる有名ブランドのことを、我々はどの程度知っているのだろう。その名前だけではなく、歴史とモノ作りの哲学を知ることによって、本当の意味で「ブランドの価値」を理解できるのかもしれない。

サーフィンをはじめとしたスポーツカルチャーをインスピレーションの源に、東海岸的な洗練された解釈の服を発信するサタデーズ ニューヨークシティ。サーフという言葉のコアなイメージをクリーンなものにガラリと変えてしまったブランドは、いったいどんな人たちが作っているのか。設立メンバーに話を聞く機会を得た。


サタデーズ ニューヨークシティとは?
2009年、NYのソーホー地区にショップをオープン。サーフに根ざした東海岸的でクリーンなファッションアイテムと、カフェを併設した独自のスタイルが支持される。

’12年に代官山店のローンチで初の海外進出を果たす。衣料のほか、シューズやバッグ、革小物などを展開。’16年には米『GQ』誌のベスト・ニューメンズ・デザイナー賞を受賞。

現在はNYに2店舗、日本に5店舗、オーストラリアに2店舗を構えている。

「今までもこれからも“ナチュラル・ステップ”で!」

右●コリン・タンストール氏 1979年、米コネチカット州生まれ。大学卒業後、NYで雑誌出版社に勤務。2007年にモーガンと出会い、サタデーズ ニューヨークシティを立ち上げる。ブランドディレクションとビジュアル統括を担当。1児の父。左●モーガン・コレット氏 1984年、米カリフォルニア州生まれ。2007年にアクネ ステュディオズのブランドマネージャーとしてNYへ。コリンとともにディレクションを行い、マーケティングやセールスも担当。サーフィン以外の趣味はボクシング。

コリン:「僕らは休日にサーフィンやスケートボードを楽しむ仲間でした。出版とアパレルという異業種でしたが、趣味の時間をともに過ごすなかで“何か一緒にやろうよ”という気持ちが高まっていきました」。

モーガン:「ある日コリンの家で、ビール片手に“じゃあ、何しよう”って。2007年頃のNYのサーフシーンは、僕らには少し物足りない感じがしたんです。いい波は立つけれど、西海岸のようなカルチャーがなかった」。

コリン:「そう。だから、何かカルチャーを感じられるクリエーションを手掛けよう、ということになったんです」。


NYのサーフ仲間だった2人に、今は脱退したジョシュ・ローゼンを加えた3人でブランドを発足。ブランドの骨格が決まるのに時間はかからなかった。


モーガン:「コリンが“サタデーズ”という名前のアイデアを出したら、全員が即賛成。次の日が日曜だっていう幸福感、わかるでしょ? “日曜日”はダメ。翌日の仕事を思うと憂鬱になる(笑)。この感覚をプロダクトに込めたかった。ブランド名と同時にコンセプトも自然に定まったといえますね」。


’09年、ソーホーの静かな通りに最初の店をオープン。プリントTシャツを中心としたコレクションのほか、サーフギアや写真集などを並べるという、カルチャーに深くコミット(※1)したスタイルも画期的だった。

時代を先取りした東海岸的解釈のクリーンなサーフスタイルに、目の肥えたサーファーたちが注目。カフェを併設したラウンジ風ショップは、大きな話題となった。


モーガン:「NYに作った最初の店は、誰もが気軽に入れるようにしたかった。そのためには、カフェとバックヤードが不可欠。当時は、この店はカフェなの? 服屋なの?と、先入観にとらわれる人たちの批判もありました。でも、常にオープンでありたいという僕らのフィロソフィーから、このスタイルを貫いたんです。今では服を買ってコーヒーを飲むなんて普通のこと。僕らの考え方が受け入れられたんだと思います」。


’12年には初の海外店舗となる代官山店がオープン。その後も神戸やオーストラリアのシドニーなど、世界に“サタデーズワールド”を広げていく。


コリン:「モノ作りの際に最も重視しているのが、バランスという言葉。僕らがNYで仕事をしながらサーフィンするというのも、その一例です。大都会での仕事と自由な時間のバランスをうまく保っていきたい。相反するもの同士でバランスを取ったクリエーションこそ、格好いいと思うんです」。

モーガン:「その思いがブランドロゴの/(スラッシュ)に表れています。ただ今は忙しくて、プライベートのバランスを少し欠いていますが(笑)」。

コリン:「今後もショップを中心としたコミュニティに根ざした、人の輪をつなげるようなモノ作りを続けていきたい。最近のヘアグルーミングラインの発売や、エバーラストとのコラボなども、自然ななりゆきで進んだ企画。僕らがいいと感じたものを少しずつ、“ナチュラル・ステップ”で増やしていければいいですね」。


カルチャーに深くコミット(※1
編集職の経験があるコリンの主導で、ブランド独自の雑誌も刊行。またサーフだけでなく、スケートボードやボクシングなど、スポーツメーカーとのコラボレーションにも積極的に取り組んでいる。


鈴木泰之=写真 髙村将司=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
時計業界の天頂で輝く「ゼニス」の150年続く技術革新とは
2019.02.03
経営危機を救ったクリエイティブ・ディレクターが仕掛ける「グレンソン」の進化
2019.01.11
オメガがすべての時計に記す “SWISS MADE” の誇りと責任
2018.12.08
「マザー」のデニムがカリフォルニアで作られる理由
2018.11.05
全身オーバーサイジングで“トレンドを纏う”
2019.02.20
ライダーズ×タック入りパンツを使った技巧派フォルム
2019.02.20
ブラックインナーで引き締める、ゆったりシルエット
2019.02.20
定番かつ存在感あり。トートとコンバースで大人カジュアルに
2019.02.20
ミリタリー全開の気分には、パーカとパンツで“太さ”を楽しむ
2019.02.20
無骨なオリーブ×オフホワイトで“優しいけど頼れるパパ”に!
2019.02.19
カジュアルに潜む上品さの源は? ハイブランドのワイドパンツ
2019.02.19
定番色で作られた、清潔感あるストリートスタイル
2019.02.19
古着派の絶妙なこなし方。黄色いスニーカーでポップさを投入!
2019.02.19
グレー基調のベーシックな装いを、ワイドパンツでフレッシュに
2019.02.19
お堅いコートも挿し色と小物で自分らしい装いに変化する
2019.02.18
ノーブルな装いに光るアイテム。フリースのキャップにやられた!
2019.02.17