https://oceans.tokyo.jp/fashion/2017-1222-6/

今しか買えない! 迎える春にオススメな8つのスペシャルコラボが登場【前編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

オーシャンズが気になるブランドと手を組んで、1カ月だけしか買えないスペシャルアイテムをリリースする好評企画。

今回8ブランドに別注したアレコレは、迎える春を楽しくさせるモノばかり。【前編】ではその中から4つのアイテムをご紹介!

さぁ、このままオーシャンズの公式オンラインストア「OCEANS GOODLIFE STORE」へアクセスだ!

>【後編】別注アイテム #05〜#08はコチラ

別注アイテム #01
【各15個限定!】自宅を“海な家”にする「置くペンドルトン」

1950 〜 ’60年代の西海岸カルチャーを愛する我々には思い入れ深い存在、ペンドルトン。これは、そのデッドストックの生地で作ったサボテンとパームツリーのクッションオブジェである。

生地のどこをどう切り取るかですべて違った表情を見せる一点もの。しかもブランドロゴがスタンプされたプランター付きでのお届けだ。

ペンドルトン生地を使ったスペシャルバッグ付き!

そしてサボテンは裏に、パームツリーは幹にアメリカ製ユーズドデニムの生地を採用。そのコンビネーションも絶妙なのだ。職人の手仕事&生地に限りがあるゆえ、それぞれ15個限定。早い者勝ちなのはご承知おきを。

「メイドバイセブン リユース」別注のオブジェ
PRICE:各1万4800円
SIZE:サボテン H31×W11×D10cm、パームツリー H30×W23×D12.5cm
MATERIAL:本体:ウール、デニム 鉢:生分解性バンブー


別注アイテム #02
「ピーナッツギャング」が教えてくれるかわいいオッサンへの最適解

スヌーピーに代表される「ピーナッツ」シリーズはキャラ物の鉄板。ウン十年前に古着屋を漁った記憶が蘇る人も少なくないだろう。そこで今回作ったのが、このスウェットパーカ&シャツである。

お馴染みの“ピーナッツギャング”たちは、あえて袖のみの出演とすることで程良いストリート感が漂う仕上がりに。さらに、染み込みプリントにウォッシュ&ドライ加工を施すことで、ヴィンテージライクな風合いを手に入れた。

とはいえ、ゆったりとしたフィッティングで今の気分はしっかり反映。このあたりのバランスは、今のリアルトーキョーを知るブランドならではといったところ。「昔取った杵柄」で再びキャラ物を。その“かわいさ”は、オッサンの枯れ感を必ず、引き立ててくれるから。

「ボート メイク ニュー クローズ」別注のスウェットパーカ&スウェットシャツ
PRICE:スウェットパーカ 各1万5000円、スウェットシャツ 各1万3000円
COLOR:ホワイト、グレー
SIZE:M、L
MATERIAL:コットン
スウェットパーカ

スウェットシャツ


別注アイテム #03
これはただの「ON・OFF兼用パンツ」にあらず

ON・OFF兼用を謳うアイテムは数あれど、実際両方でスタメン級のものはどれほどあるか。そこへ一石を投じるべく別注したのがこちら。

元々チャリアンドコーにあったリラックスパンツを、ON・OFF兼用を追求してブラッシュアップ。ブランドが得意とする快適性はそのままに、パッと見はウールのようだが、実は4–WAYストレッチ素材を採用。シルエットも自転車乗り用に研究された脚の動きを邪魔しないパターンをベースにアレンジ。

ウールのような生地はストレッチが利いており、快適性は申し分なし。オマケにシワも付きにくい。なので出張にも◎。

さらにセンタークリースにダブル裾、ベルトループを備えることで、ON・OFFともに最高に使えるパンツが完成した。これなら週7日使いも可能⁉︎ となると、1本と言わず2本目も検討したくなる。

「チャリアンドコー」別注のパンツ
PRICE:1万7000円
COLOR:ネイビー
SIZE:S、M、L、XL
MATERIAL:ポリエステル


別注アイテム#04
俳優・大森南朋さんが手掛けるブランドと考えた
常識よサラバ!デニムシャツの新機軸

デニムシャツの格好良さ。それはワークウェアやウエスタンといった出自や、素材からくる武骨な佇まいだろう。ただ男クサさが際立ってしまうぶん、距離を置く人も多いのでは? ということで、そんなデニムシャツの固定観念に別れを告げる“新機軸”をご提案。

ビッグサイジングなシャツは、風をはらむとゆったりしたAラインを描き、随所に美しいドレープを生む。デニムシャツとは思えないエレガントさが出色だ。

タッグを組んだのは、その名もサラバ。俳優の大森南朋さんが手掛ける気鋭ブランドで、ユニセックスデザインにワンサイズ展開を基本とする独自のスタンスは、ファッション業界での注目度も高い。そのコレクションの中で一番のヒットとなったコートシャツをベースにしたのが本作だ。

[左上]第2ボタンをハンドメイドのシルバーコンチョに変更。さりげないアクセントとして利いている。[左下]ハンドウォーマー的なフロントポケットも便利。 [右]襟を抜いて着ると、さらにリラックスした印象に。

使ったのはライトオンスのワンウォッシュデニム。その第2ボタンはハンドメイドのシルバーコンチョに変更した。男らしくもどこかエレガント。かくして生まれた一枚で、新しいデニムシャツ体験をお楽しみあれ!

パートナーとの兼用もオススメ。

「サラバ」別注のデニムシャツ
PRICE:3万9000円
COLOR:インディゴ
SIZE:ワンサイズ
MATERIAL:デニム


インナーに、アウターに、はたまた置物として。どれも季節を問わず使えるものばかり! 新春が待ち遠しくなるスペシャルアイテムをゲットして、2018年の初夢は、いい夢見ちゃってください!

別注アイテム #05 〜 #08も近日公開!


玉井俊行=写真(人物) 杉田裕一=写真(静物) 星 光彦=スタイリング Taro Yoshida=ヘアメイク 髙村将司=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
全国を飛び回るビジネスマンが選ぶ、本気で使えるバッグ&収納テク
2018.07.07 / Good Packing Guy
豪雨にも負けられない戦いが、そこにある。“雨に強い”選抜バッグ
2018.07.05
日本の“モノ作り”の精度と信頼性を体現したバッグ&時計
2018.06.28
鈴木英人の「海を目指したくなるアート」をプリントした服が大人気!
2018.06.18
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21