2017.06.16
FASHION
PR

JACK DANIEL’Sって、アメカジ好きにはタマラないロゴなんだ

OC世代の我々なら、一度は手に取ってみたことがあるだろう。黒のラベルに白の文字で描かれたジャック ダニエルのロゴは、ウイスキーの代名詞とも言える知名度を有し、他にも有名なバーボンやスコッチとも違う独自の歴史と製法を持つ“テネシーウイスキー”として、世界中で愛されている。

しかし、ジャック ダニエルが人々を惹きつける理由は、その味わいだけではない。もうひとつ、ジャック ダニエルが我々の目に魅力的に映る理由は、その背景にアメリカのヒストリーやカルチャーを感じさせるところじゃないだろうか。

1866年に生まれ、アメリカの黎明期や禁酒法時代を乗り越え、ミュージックシーンの中でも多くの著名人にも愛されてきたジャック ダニエル。アメリカへの憧れからデニムをはき、ロックミュージックやアメカジを嗜んだ我々にとって、ジャックのロゴは、やっぱり響く。ジャック ダニエルを手に取ったことがある人の中には、“ジャケ買い”ならぬ“ラベル買い”した人だっていたんじゃないだろうか。そんなラベルの“本物”が描かれたアイテムが手に入るとしたら……。アメリカにも音楽にもドップリはまってきた我々の食指が、動かないはずはない。

今年で3回目を迎える「ジャック ダニエル コレクション2017 マイレージキャンペーン」。ジャック ダニエルの対象商品に付いているポイントシールを集めると、ポイントに応じてジャック ダニエルロゴが入ったファッションアイテムが漏れなくもらえるキャンペーンだ。美味い酒を飲んで、我々の好きなテイストのアイテムも手にできる⁉ こんな美味しい話、乗らなきゃ損じゃない?

ポイントを貯めて狙うのは、こんなアイテム

[Tシャツ]
多くのロックスターも、このロゴTは着ていたんだ

無地Tも悪くはないが、夏のシンプルな格好こそ、自分の“主張”を乗せたいところ。数多のイケてるミュージシャンたちも、それを実践してきたでしょ。このTシャツを着れば、周りからは「懐かしいね」や「シブいですね」と言われるかもしれない。そんな時は「そういえば、あのミュージシャンなんかも、ジャックのファンでね」。なんて逸話を語るのも良しだ。

[キャップ]
実は、ジャック ダニエルを作る男たちの象徴だったりも!?
アグレシッブに動く夏は、ラフに被れるこんなキャップが重宝する。聞けば、ジャック ダニエルの蒸留所で働く職人たちも、このロゴ入りキャップを被って汗を流しているとか。いわばジャック ダニエルワーカーたちの象徴。デニムを筆頭にワークウェアに親しんできた我々にとって、こんな夏の小物は、クローゼットのTシャツともパンツとも、きっとうまが合うはずだ。

[ドッグタグ]
サラッと首から下げる“主張”
MA-1や軍パンなど、アメカジ世代にとってミリタリーアイテムはお馴染みと言っていいだろう。ドッグタグもしかり。Tシャツや帽子よりも控え目、しかし、表面のジャック ダニエルロゴは、しっかり自分の世代や好みを物語ってくれるのだ。裏面には自分の好きな言葉も入れられる。そんなスペシャル感もうれしい。

[パーカ]
海へ、山へ。男たちの休日は、これ一着あれば完結する
コーヒー片手に海へ出かけるときや、仲間と一緒に山へなんてときもそう。パーカをラフに着れば、もう出かける準備は万端。しかもそこにジャック ダニエルのロゴが入っていたりすれば、それが名刺代わりになったりも。こんなオールブラックのパーカなら、アメカジ好きの大人にはもってこいの夏の冷え対策アイテムになってくれるはず。

NEXT PAGE /

ポイントの対象は「黒」か「白」。どちらを選ぶかだけが、問題だ。

ジャック ダニエルといえば、やはりの「オールドNo.7」が不動のスタンダード。1904年に開催された万国博覧会で金賞も受賞した同社が誇る傑作は、オーク樽で熟成させたのバニラやキャラメルを思わせる香りが、ロックでもソーダで割っても豊かに鼻を抜ける。「オールドNo.7」という名前の由来には諸説あるらしいけど、真相は定かではないとか。そんなエピソードもまた、男心をくすぐられるのだ。

でも、今だったらも捨て難い。それが「ジャック ダニエル テネシーハニー」。天然の蜂蜜が放つほのかな甘さ、ローストナッツの香ばしさが後を引く。コクの深い味わいは、氷と一緒にコーヒー&ミルクやジンジャーエールで割ってもしっかりと香りを保ち、これがまた夏のカクテルにイケるんだ。

このふたつの銘柄が今回の対象商品。まずはキャップの天面にあるポイントシールを集め、同じくボトルに付いている専用応募ハガキに貼り付ける。あとは必要事項を記入して、ポストへ投函するだけだ! アメカジ、音楽、ジャック愛……。さあ、あなたはどのアイテムで、その主張を身に纏う?

詳細は今すぐここからをチェック!

[マイレージキャンペーン概要]
■応募締切
第一回締切/2017年6月30日(金)
第二回締切/2017年7月31日(月)
第三回締切/2017年8月31日(木)
※いずれも当日消印有効

■応募方法
キャンペーン期間中に購入した対象商品のキャップ天面についている応募シールを専用の応募ハガキに貼付。欲しいアイテムに必要なポイントをセロハンテープなどでしっかりと貼り必要事項を記入してポストへ投函。後日指定の住所に賞品が郵送される。

[問い合わせ]
ジャック ダニエル マイレージキャンペーン事務局
0120-921-360
http://jd-cp.jp

バーバーの世界から始まった、もうひとつのジャックの話。

そしてもうひとつ、ウイスキーと同じく長い伝統の中で培われた職人の世界で、ジャック ダニエルが作ったひとつのカルチャーがある。

トラディショナルなカットスタイルと高い技術を求めて、世界中から多くの人が訪れるオランダの老舗バーバー「シュコーラム」。ここではいつからか、空いたジャック ダニエルのボトルをシャンプーなどの容器として使い始めたという。そのカルチャーは遠く海を越え、今やNYや日本のバーバーにも浸透しているんだとか。

そんなエピソードがきっかけで、今回のマイレージキャンペーンにはもうひとつのうれしい要素が盛り込まれている。都内にある2つの気鋭バーバーグループ、「MR.BROTHERS CUT CLUB」と「THE BARBA TOKYO」にて、散髪などのサービスを受けた満20歳以上の方に、もれなくオリジナルのジャック ダニエルロックグラスがプレゼントされるというのだ。プレゼントされる期間は、7月中旬までの1カ月間。なくなり次第終了のため、今月の散髪はお早めに。

[オリジナルロックグラス プレゼントキャンペーン概要]
■プレゼント締切
2017年7月中旬まで

■対象店舗
MR.BROTHERS CUT CLUB
THE BARBA TOKYO
の都内店舗にて、散髪などのサービスを受けた満20歳以上の方にもれなくプレゼント。
※なくなり次第終了

■問い合わせ
ミスターブラザーズ・カットクラブ 原宿本店
03-6721-1774

ザ・バルバ・トーキョー
03-3525-4857

鈴木泰之=写真 菊地 亮=文

# ウイスキー# ジャックダニエル
更に読み込む