種カジのタネあかし Vol.5
2017.03.27
FASHION

コーデの悩みから解放!“全身黒”で、大人のラク旅スタイル

旅先に持っていく服は意外と難しい。コーディネイトまで考えると、荷物は増えるし、正直面倒くさい。そこで“種カジ”でおなじみ種市暁さんからの、こんな提案。ぜんぶ黒にして、コーデ不要の楽チン旅スタイルのできあがりだ。

「種カジのタネあかし」を最初から読む

COAT・PANTS/テアトラ、T-SHIRT/フルーツ オブ ザ ルーム、SNEAKERS/ナイキ×フラグメントデザイン、STOLE/ノーブランド(ボリビア土産) ※すべて私物

注目はパンツとセットアップの、テアトラのコート。東京発のファンクション・ミーツ・ファッションブランドの一着だ。シワになってもいい素材で、寒暖差のある旅先で脱いでもクシャッと丸めておける。パンツはシルエットがキレイなうえに、ポケットが大きくて旅にピッタリ。


種市さんの旅の伴侶は、ひと目惚れした“黒い”「エアマックス LD ゼロ」。歩き回る旅には「360°エアソール」のクッションがありがたい。しかも珍しい「エア部分まで黒」。


OC世代になると足もむくみがち。そこで機内では着圧式の「ソックスC3フィット」。かかとが開いていて、一瞬素足に見えるのもポイント。


たまたまポケットに入っていた葉巻。くゆらさずとも、ほんのり香る。

今回のスタイルではインナーのTシャツも黒だが、種市さんは白Tシャツも旅に持って行ったとのこと。要はモノトーンでまとめればいいのだ。旅ではリラックスしたいけど、格好良くもありたい。肩の力を抜いて、絶妙な落としどころを見つけていこう。

山本 大=写真

次回を読む

# リラックス# 種カジ
更に読み込む
一覧を見る