https://oceans.tokyo.jp/fashion/2017-0327-1/

コーデの悩みから解放!“全身黒”で、大人のラク旅スタイル

このエントリーをはてなブックマークに追加

旅先に持っていく服は意外と難しい。コーディネイトまで考えると、荷物は増えるし、正直面倒くさい。そこで“種カジ”でおなじみ種市暁さんからの、こんな提案。ぜんぶ黒にして、コーデ不要の楽チン旅スタイルのできあがりだ。

「種カジのタネあかし」を最初から読む

COAT・PANTS/テアトラ、T-SHIRT/フルーツ オブ ザ ルーム、SNEAKERS/ナイキ×フラグメントデザイン、STOLE/ノーブランド(ボリビア土産) ※すべて私物

注目はパンツとセットアップの、テアトラのコート。東京発のファンクション・ミーツ・ファッションブランドの一着だ。シワになってもいい素材で、寒暖差のある旅先で脱いでもクシャッと丸めておける。パンツはシルエットがキレイなうえに、ポケットが大きくて旅にピッタリ。


種市さんの旅の伴侶は、ひと目惚れした“黒い”「エアマックス LD ゼロ」。歩き回る旅には「360°エアソール」のクッションがありがたい。しかも珍しい「エア部分まで黒」。


OC世代になると足もむくみがち。そこで機内では着圧式の「ソックスC3フィット」。かかとが開いていて、一瞬素足に見えるのもポイント。


たまたまポケットに入っていた葉巻。くゆらさずとも、ほんのり香る。

今回のスタイルではインナーのTシャツも黒だが、種市さんは白Tシャツも旅に持って行ったとのこと。要はモノトーンでまとめればいいのだ。旅ではリラックスしたいけど、格好良くもありたい。肩の力を抜いて、絶妙な落としどころを見つけていこう。

山本 大=写真

次回を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
夏こそ、あえてレザーでドレッシーに。種市流サーフスタイル
2018.07.03 / 種カジのタネあかし
いつも同じ格好……スタイルがコリ固まった人がすべき小さな冒険
2018.06.17 / 種カジのタネあかし
ビジネス以外でもアリ! 40代が何でもない日に着るスーツのコツ
2018.05.14 / 種カジのタネあかし
今注目の「和」な服。コスプレにならないキーは“和ヨー折衷”!?
2018.04.03 / 種カジのタネあかし
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21