https://oceans.tokyo.jp/fashion/2017-0202-1/

スペインの名門「LOEWE」でつくる、37.5歳のためのデイリースタイル

このエントリーをはてなブックマークに追加

PREMIUM BRAND × DAILY STYLE
ロエベ -LOEWE-

最上級&最先端のファッションとアナタの距離がグッと縮まるフォトストーリー。
毎月ワンブランドで作る3 7 . 5 歳に似合うプレミアム&デイリースタイルを。

エスパドリーユの故郷であるスペインで1846年、ロエベは生まれた。皮革製品を中心に職人のクラフツマンシップに支えられたブランドの歴史を重んじ、現クリエイティブディレクターのジョナサン・アンダーソンはモードとクラフトを行き来しながら、独自の世界を表現する。2017 年春夏、その舞台は地中海の港となった。潮焼けしたロープの上を行くジュートソール。そのアッパーは、レザーやデニム、リネンなど実に多彩だ。

右:パンツ12万円、靴5万4000円/中:パンツ29万7000円、靴5万4000円/左:パンツ11万1000円、靴6万9000円/すべてロエベ(ロエベジャパン)

肉厚な蜂巣織りのコットンで仕立てたジャケットは、裾や袖口、襟など、すべての隅がフリンジ状になっている。そのフォークロアな雰囲気を、パッチワークデザインの大判ストールが引き立てる。スタンダードなデニムスタイルの表情を一変させるロエベのクラフトワーク。纏えば、その魅力が見た目だけでないことが体感できるはずだ。

ジャケット24万円[2017年1月発売予定]、Tシャツ4万1000円、デニム5万4000円、ストール4万6000円/すべてロエベ(ロエベジャパン)

ワークジャケットは日本の刺し子に着想を得たパッチワークにすることで。コットンツイルのショーツにはトレンチコートのディテールを盛り込むことで。アメカジ的ワードローブへ、大胆かつ繊細に打ち込まれるモードへの変換キー。それが教えてくれるのは、着飾るカジ
ュアルの楽しさだ。

ジャケット22万7000円、カットソー15万5000円[ともに2017年1月発売予定]、パンツ11万1000円/すべてロエベ(ロエベジャパン)

ロエベは創業以来、ラグジュアリーを追求してきた。卓越した技術と素材選びはスペイン王室すらも虜にし、100年以上が経つ。遠目にはまるでナイロンシェルのような極薄のナッパレザー
製ヨットパーカは、その結晶と言えまいか。世界屈指の技術と素材をデイリーに。これをラグジュアリーと言わずしてどうする?

パーカ43万4000円、カットソー4 万6000円、パンツ12万円[2017年1月発売予定]、靴5万4000円、手に持ったネックレス 参考商品/すべてロエベ(ロエベジャパン)

ジョナサン・アンダーソンが指揮を執り、生まれ変わったロエベを象徴するのは、極端にターンナップしたデニムだった。それが今季は落ち着きを見せる……と思いきや、膝下がゴールドにペイントされての登場だ。このアクセントカラーが示すのは沈みゆく太陽だという。つまりデニムは海、裾は水平線ということか。デザインにはすべて意味がある。そんな当たり前のことに、改めて気付かされる。

シャツ11万1000円(実際の商品はポケットが茶色になります)、デニム7万9000円[ともに2017年1月発売予定]、靴6万円/すべてロエベ(ロエベジャパン)

今のファッションにおいて欠かせない「リラックス」というキーワードにロエベはどう対峙するのか。回答のひとつは、自然を感じる服を着ることだ。ダブルフェイスのリネンコートは風を受ければ美しいドレープを見せ、素肌に優しく風を届ける。そしてゴールドのサンダルは陽の光を反射し、装いに彩りを添えるのだ。

コート29万7000円、カットソー4万6000円、パンツ11万1000円、サンダル6万9000円/すべてロエベ(ロエベジャパン)


ロエベジャパン
03-6215-6116
www.loewe.com

森 健人=写真 菊池陽之介=スタイリング Yoboon =ヘアメイク

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんなの持ってる? 一風変わったカシミヤアイテム
2017.12.15
1980年代のNYが透けて見える。ルイ・ヴィトンの洗練カジュアル
2017.11.08
スウェットにイージーパンツを部屋着に見せない自信がある人にこそ読んでほしい
2017.10.28 / 種カジのタネあかし
やっぱりラクなほうがいい! コンフォート追求系スニーカー!
2017.10.27
違いを知る大人のためのアウター「ケープハイツ」の魅力を知る
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21
ダークトーンのアクセントに、こんな派手色はいかが?
2018.05.19
これからの季節、涼しげなカーゴパンツ。インナーの見せ方もワザあり
2018.05.17
エアマックスにチノパン。懐かしのストリートはサイズ感を今っぽく
2018.05.15
今年らしさは、総柄の開襟シャツでどうぞ
2018.05.13
ビッグシルエットなのにスッキリ感。秘密はカラー&ボトム
2018.05.11
上品さ&ヌケ感が絶妙マッチ。九分丈ロールアップも春らしさを演出
2018.05.09
ちょっぴり上品!新鮮なデニムセットアップ
2018.05.07
”街男スタイル”に絶妙なハズしを与える、ホワイトスニーカー
2018.05.05